コミュニティハウス冬月荘ブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

7期スクラム終了、の巻。

偽です。

3月も末にさしかかって、日中あたり、だんだん暖かくなってきた感じがします。
気温的な意味で、徐々に春っぽくなってきたのではないかな、と。


さて、先日7期スクラムの打ち上げをしました。
平日開催だったので、高校生はほとんど参加できず。
その分かどうかはわかりませんが、

○今年高校を卒業したOB
○小学校を卒業した木曜スクラムのメンバー

など中3に限らず卒業したメンバーが顔を出してくれまして。
総勢で25名くらいいたんじゃないかと思います。


というわけで、写真をどうぞ。
アンケート中。
b0188177_1254077.jpg



昼食。
今年は中学生たちの希望によりお好み焼きにしました。
b0188177_12572899.jpg



ライブ中。
例年とはメンバーが若干違います。
b0188177_1312738.jpg



今年は大学生チューターも卒業するということで、サプライズで寄せ書きを贈呈したりして。
最後に全員で記念写真を撮って解散。

迎りの車内で中学生が「 全然終わった感じがしない 」と一言。
個人的にも、そうですよね、と。

卒業生もちらほら顔を出してくれてるし、今後も来てね!っていうところなので感慨深さとかが無いのか。


写真にもアンケートの様子を載せてますが、中学生に色々と聞き取りをしまして。
スクラムの良いところってどんなとこ、と聞くと

勉強できて、それ以外のこともできる

との回答。

じゃあ、これが無いとスクラムじゃないってポイントは?と聞くと

…勉強?

と。それ全部学校でもできるじゃん、と聞くと、学校とは雰囲気が違う、とのこと。
空気が変わるとスクラムじゃなくなるのだとしたら、雰囲気についてもう少し聞けば良かったかも。


今年はチューターにもアンケートを取りまして。
課題だと思うところ等挙げてもらったんですが、以前から話題に上っていたことが多い感じで。
あんまり同じ話題が続くと、正直うんざりするっていうのは自然なことかと思います。
ただ、その分根が深いというか考える必要性が高いのでしょうし。

人によって思うところは違って当然だと思いますし、同じにしましょうね、というのも無理な話ですし。

理解する努力、理解してもらう工夫に加えて、どれだけ納得できるかっていうのがカギな気がしております。

伝え方とかを工夫すれば大丈夫ってものでもないし、心がけだけで何とかなるものでもないし。
納得できないならじゃあ結構ですさようなら、とするのも方法の一つでしょうけど、気軽に切るカードではない気がしますし。


話が脱線してきましたので、この辺で。
[PR]
# by togetuso | 2014-03-20 14:58

なおいいかと、の巻。

3月になりました。偽です。

昨日と今日の二日間は北海道の公立高の入試でした。

昨日、学習塾の前を通ったら駐車場に車がビッチリ。
高校の前には応援に駆け付けた先生思しき、スーツの人。
なんじゃいな、と思ったら入試だったっていう。

ちゃんと覚えておけよって話ですね。



先週の土曜日が入試前最後の7期スクラムでして。
あとは打ち上げを残すだけ、となりました。

で、最終日。
入試寸前だからってピリピリした訳でもなく、完全にまったりとしていた気がします。
面接練習を中学生同士でやってたり、高校生が面接官役をやってたり、っていうのは新鮮だったかも。

あと4週間くらいたてば7期生はすっかり高校生になるわけで。
体感速度報告マシーンと成り下がってる感が強いですが、時間経つのは早いですね。
合格発表が17日なので、できるだけ良い報せが多いといいな、と。


で、今週月曜日。
若者主体の自立実現支援体制創造事業の会議のため札幌へ行ってきました。
議論のなかで対等ってキーワードが何度も出てきて。

スクラムでも、よく使う単語です。

支援する、される関係が

○上下関係になったりせず
○一方通行になったりせず

っていうことですが、対等ですよね!と感じるのは、これは難しいかもしれん、と思いました。
能力とか諸々の要素を100%対等にはできないとは思いますし、100%平等にはできないし。
ここのラインを割ったらダメよ!っていう客観的にわかりやすい基準があればわかりがいいんでしょうけど。
そういうものでもない感じもしますし。


対等であるには、対等だとお互いに感じないといかんのではないか、と思ったりして。
どうしたら対等だと感じてもらえるか、っていうのは大事なんではないかと。
逆に、こうなると対等だとは思えません、っていうシチュエーションとかを精査するとどうなのか。


とりあえず、今日はこのへんで。
[PR]
# by togetuso | 2014-03-06 21:02

って意味では無く、の巻。

ソチオリンピックがいつの間にか終わってたっていう。
羽生が金メダルをとったこと、浅田真央が6位だったことくらいしか知らず。
将棋の王将戦と棋王戦の方に夢中でした。

偽です。


もはや何も言うまい、というくらいの更新頻度のまますっかり月末。
ついでに月末も見えてきています。

高校の推薦入試、高専の入試が終わって7期スクラムも町スクラムもあと少しというところ。



で、今日は来年度スクラムどうすんのよ?という連絡が。
来週から3月なので、当然の話題ではあるんですけど、あぁもうそんな時期か、と。

今年は企画として話題にはなれど、形にならなかったものもあるし、
実際に取り組んでいる過程で


『 これはこれでいいんかなあ 』


ということ等々で、来年度どうするの、のひっ迫感が例年より強い感じがします。
( 個人の感想です )
今まではどうなんだ、ええ?と詰問されると、行方をくらましたくなりますがそうもいかず。
ですので、来年度は何か、これでいいんか、をカタチにできればなあ、と思っております。

言うのは自由でタダですから何とでも言えるんですけど、所信表明のようなものは必要かと。


去年の11月、千葉県に飛んだ際に現地の方から

「 支援者は苦労しないとダメよね、成長しないよね 」

というニュアンスのことを聞いて、あああそうですよねえええ、と思いまして。
苦行にどんどん励め!悟りを開け!って意味では無く、

『 自分たちに都合のいいことだけしててもダメよ 』

と捉えると、


めんどくさいのは承知だけど必要そうだからやります


とかそういう勢いや気合いのようなものが、これからはより必要なのかしら、と感じた次第で。
精神論とか気の持ちようだけの話では無く、現実的に何かに取り組む上で困るんだろうな、と。


収束が見えなくなってきたので、今日はこのへんで。
ちょっとずつ暖かくなってきました。
[PR]
# by togetuso | 2014-02-25 19:52

ステマの巻。

2月も半ば、偽です。

本日道内全域が暴風雪に見舞われたようで。
釧路もご他聞に漏れず、平年比で100%超の積雪量との噂が。
冬月荘の駐車場も陸の孤島と化していて、
先ほど住人の手助けを得てようやく除雪が一段落しました。

釧路に来てちょうど10年くらいですが、それはもうすごい雪で。


家から出ようと思ったら、ドアが吹き溜まりになった雪でなかなか開かない。
で、家から出たものの駐車場が全体的に吹き溜まり。
かつ、立派なかまくらと化した偽カー。

車道もすっかり埋まっていて移動自体がままならず、

除雪車入らんとどうにもなんねえな

という有り様。
結局、除雪車が入ったのが18時くらい。


そこから冬月荘に向かうことにしたら、路地はだいたい獣道。
何度か雪にはまって動けなくなったりして。


釧路は区画が碁盤状になってない地域が結構ある印象があるので、
大きい通りに面してない住宅地のあちこちで
身動きがとれない方が結構いらしたんではないかと推測します。

で、高齢の単身世帯とかだと除雪車が入ったところで
自宅周辺の除雪自体が大変だっていう方も多くいるのでは。


雪かきをはじめとした暮らしの困りごとを何とかするサービスとして、

『 暮らしの共済サービス事業 せっせ 』

というものが釧路にあるようで。

詳しくはこちらのブログを参照ください。


どうやら明日以降も暴風雪が予想されている様子。
明日以降、雪かきにこまったらせっせにお問い合わせください。

↓ お問い合わせはこちら ↓


暮らしの共済サービス事業 せっせ
( 地域起業創造センターまじくる内 )

Tel : 0154-42-2420



久々のブログがステマなのは、決して今日せっせの除雪の役に立たなかったからとかではございません。
決して罪滅ぼしとかではございません。

ではでは。
[PR]
# by togetuso | 2014-02-16 23:42

訳が分からないよ、の巻。

偽です。

ブログ放置はすっかり定跡手順となっております。
ブログ放置どころか計画的に動けないことが定跡手順となっており、
思い出したように危機感を感じていますが、
口では何とでも言えるので説得力が無いっていう。


さて、ブログを放置していた間に冬休みの7期スクラムと町スクラムが終了。
そのまんま天塩町へ向かい、

『 若者主体の自立実現支援体制創造事業 』

のネットワーク会議に参加。
ウィークリースクラムも冬休み明けの通常スクラムも再開して、
年度末まであとちょっと、というところにきています。


で、中学生と話すにせよ誰と話すにせよ

「 わたしはこう思っております 」
「 オレこう思うんすよね 」

ていうのをできるだけきちんと話すのが大事なんだなあ、と思っていて。最近。


そらそうよ、と思うんですが立場とか場の雰囲気とかで

「 うわあ無理無理絶対言えないって 」

等々思う事も多々あり。


伝え方を学びましょうね!っていうハウツーも必要かと思いますし、
言葉のチョイスや場の持ち方とかも重要かと思いますが

「 これは話しても大丈夫じゃないかしら 」

と自信を持てることの方が大事なのかしらん、と思っております。最近。

で、それには普段の関係の持ち方とか物事の考え方とか色々作用していて
話を掘り下げると訳が分からないよ!、ということになりそうなので今日はこの辺で。


明日は町スクラムです。
[PR]
# by togetuso | 2014-01-24 19:55