「ほっ」と。キャンペーン

コミュニティハウス冬月荘ブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

良いお年を、の巻。

ブログの更新をすっぽかしている間に、気付いたら年の瀬ですって。
偽です。

すっかり暮れというわけで、2013年をざーーーーっと振り返ろうかと思います。

今年は

市スクラム
町スクラム
若者主体の自立実現支援体制創造事業

等々と、去年に比べて一年通して色々と取り組んでいた気がします。
で、なんせ要領がよろしくありませんのでわたわたしましたが、一年通してみれば会議や道外視察に出かけたりしたことで身になることも多かったのではないかな、と思っております。

その他、野菜スイーツがまじくるマーケット等で販売されるようになったり……と新しいことにつながりそうな動きもちらほら出てきた感。


年が明けたら冬のスクラムが、始まりますしWAMの事業も年度末に向けてやる事がありますし。

めでたしめでたし、とせずに頑張ろうと思った次第。


雑なまとめですが、今日はこの辺で。
それではみなさん、良いお年を!
[PR]
by togetuso | 2013-12-31 18:26

月形へ行ってきたよ、の巻。

偽です。


先週末の金曜から土曜にかけてのこと。
何度かブログで書いたかと思われる

「 若者主体の自立実現支援体制創造事業 」

のネットワーク会議のために月形町へ行ってきました。

町議会議員さん
地元スタッフ
連携団体が運営している拠点で生活している若者
連携団体スタッフ

等々、参加人数が最大20名くらい。


生活している若者たちは、都会から来た人が多い様子。
雪はすごいわ寒いわ都会と比べて不便だわ…等々、生活面だけ見たらしんどいに違いない環境で。
で、そんな環境でお金を何とか稼いで…っていう暮らし。


ここだけ取り出したら、虎の穴か何かかっていう具合ですが、


『 なんとなく受け入れられてる感じ 』


がポイントで、仕事の出来とか暮らしぶりの対価とは関係無しに、


『 あなたはまるっきりそれでOKですよ 』


っていう受け入れられ感、必要とされてる感が肝心なところの様子。
この辺り、スクラム卒業生のインタビューで出てきた


『 色んなヤツがいる 』


っていうところに類似するのではなかろうか、と。
成績とか成果とかを持ち出さずに認めていますよ、と感じてもらうのが重要な気がします。
評価するわけではなくて、評価するまでもなく、あなたはあなたでOKですよ、と。

いやあ、そうですよね!と思いつつもキレイ事にしないのが難しそうな印象。

何かを認めますよ、という時に評価はついてくるものかと思うので、どう線引きをするか。
仕事等の出来不出来とあなた自身の価値は別物ですよ、とどう伝えられるか。
その辺りがポイントなように思います。

なんとなくですが。


会議も良かったんですが、その日の夜の連携団体のスタッフ同士の話し合いが良かったです。
しょうもなさげな話題を、ノリノリで話をしている様子が深夜ラジオの公開収録を見ているような気分でした。
[PR]
by togetuso | 2013-12-10 23:10

だいたい自戒、の巻。

もう12月ですって。
光陰矢のごとし、タイムイズマネー、歳月流るる如し。
今年もあっという間でした。
まだ終わってないけど。

すっかり冬に突入したということでブログの装いが冬仕様になりましたが、何も言うまい。何も言うまい。


先週の土曜日、町スクラムでした。
参加人数、チューター含めて21人!

とりあえず写真を。

食事の準備中。
b0188177_231953100.jpg


スクラム中。
b0188177_23203875.jpg


もう12月なので、じきに冬休みの町スクラムに突入します。
で、その流れで年が明けて冬休みの7期スクラムに。


スクラムにせよ、他の仕事にせよ、半年とか1年とか長い時間に渡って続けていくと

『 こんなもんだよね 』

っていう部分が出てくることがあって、都度客観的に様子を捉えるのが難しくなったりします。
慣れと言えばいいのか、気が緩むと言えばいいのかは難しいですが。

そういう時に、都度そもそもどうでしたっけ?っていうところを確認するのが必要で。
頭じゃわかっていても、

「 思ったことなかなか言うのができなくて 」
「 言ったところで変わらねえよ 」
「 それ何回も聞いたからもういいわ 」
「 わかったから具体的にどうしたらいいか教えて下さいよ 」

って人もいて。
その辺の考え方とか感じ方の違いで話し合ってもね…となることがしばしば。


物の考え方とか感じ方とかみんな違うので、常々落ち着いて話し合いができたらいいんですけど、

「 アイツ、バカなんじゃねえの? 」
「 自分のこと棚に上げてしゃべってんじゃねえよ 」
「 お前はそうできてもこっちはそういかねえんだよ 」

と話し合いどころか、討論っぽくなって着地点が見つからずに、ハイ!解散!となったりします。


で、

相手を思いやりましょうね
自分がされてイヤなことはやめましょうね

等々の心がけが大事なんだろうな、と思います。
が、それが

廊下を走ってはいけません
早寝早起きは健康のもとですよ

くらいの、わかってますよそんなこと的意味合いにしかならないことが、しばしばあったりして。
「 いや、ホントにそうだよね! 」と字面ではなく理解できるようになれば、違うんでしょうけど。


伝える技術とかテクニックの問題で改善することもあるかもしれないし。
自分はどう見えてるのかしら、っていう心がけでどうにかなるかもしれないし。
テクニックでも心がけでもないところで、ガラッと変わるかもしれないし。

いきなりズバッと解決はしないとは思うんですけど、何かこう…
お互いに不愉快にならずにやりとりができるコツがあればいいのにな、と。


偉そうなこと書いといてなんですが、だいたい自戒です。

何が言いたいかわからなくなったところで、このへんで。
もとは全然違うことを書くはずだったんですけども。
何を書く予定だったかも、もう思い出せない。参った。
[PR]
by togetuso | 2013-12-04 00:47