Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

プレ謹賀新年。

こんばんは偽です。
今年も2011年も残すところ4時間余り。

と、いうわけで2011年を雑に振り返ることとします。

【1月】
4期スクラム冬の陣。
まじくる THE MOVIEを作りはじめた気がします。

【2月】
まじくるフェスタinさっぽろ。
まじくるの名付け親・まるちゃんに恐れ多くも会う。
恥を忍んで北芝へ。

【3月】
町スクラムの報告会へ。
自分の日本語能力の低さに乾杯。

【4月~5月】
町スクラム、ホームステイの準備がスタート。

【6月】
なんとかホストファミリーが決まる。
一時期はどうなるかとヒヤヒヤする。

【7月】
ホームステイ開始。
日本語の通じるリーダーで良かった。
色々な方にご協力いただいたお陰で無事にプログラムを終えることが出来ました。

【8月】
第5期スクラムスタート。
今年は町スクラムとの兼ね合いがあったため、例年より短め。

【9月】
北芝の方々、来釧。

【10月】
町スクラムの中間報告。
函館+東京へ社会科見学。
生まれて初めてメニュー表を見て血の気が引く。

【11月】
町スクラムの参加者が増える。

【12月】
町スクラムの参加者がさらに増える。



普段から文章を短くスパッとまとめることができないので、
この辺りで失礼させていただきますが、
今年もたくさんの方々にお世話になりました。

来年もどうか懲りずによろしくお願いします。



それでは、よいお年を!
[PR]
by togetuso | 2011-12-31 20:15

塞翁が馬。

スマートフォンが反抗期に入りました。偽です。


さて、今年も残すところ24時間を切りました。
というわけで、

今年の振り返りをしようか

と夕方に目論んでいたのですが、今晩行うことにしようかと思います。


釧路から北見に向かうには釧北峠を越えなければいけません。
で、この峠、鹿がよく出没します。
1匹見たら10匹ではないですが、頻繁に遭遇するので、

ああ鹿やだな鹿やだな

と思ってビクビクしていたら阿寒を越えたあたりで、
雪が降ってきて阿寒湖温泉に向かうにつれて横なぐり。


鹿対策でビクビクしているところに雪がぶわぁっときて、
ちんたらちんたら走っている偽を車が豪快に追い越していきます。

しかも大型車が多く、地吹雪がぐわっときて、
走行距離とテンションが反比例していっていた最中、ハンドルが


ぐらぐらぐらっ


ときて、対向車線、割と目前にトラック。
ハンドルを切って進行方向を修正しようとしたら、
あっという間に車が回転しだして、



あ、まずい、死ぬ



と冗談じゃなくヒヤリとしましたが、うまくハンドルを切って、
対向車線のガードレール寸前で何とか助かりました。無傷。
もう少し激しく回転してたら、呑気に

スマートフォンが反抗期に入りました

とか言ってる場合ではなかったかも。


冬道、特に積雪量の多い地域を走る際にはご注意を。




というわけで、実家に帰らせていただいております。
明日は久しぶりに小学生の頃からの友人に会うことになりました。
ひゃっほい。
[PR]
by togetuso | 2011-12-31 01:20

年末に考える

タカさんです。

お腹の調子を崩して、復活をまっていたらこんな時間になってしまいました(苦笑)

とうとう年の瀬になりましたね。

といっても昔ほどそれを感じる訳でもなく、雑務整理の一日でした。

ただ社会全体的に業務が動かなくなるので、その分ゆっくり集中して仕事できるのは良い感じです。

話は少し変わりますが、15年ほど前から年末年始の商業構造の変化に違和感を覚えています。

昔は三が日と言えば、玄関を開けるとしーんとしていて、雪が屋根から落ちる音や『シャンシャンシャン』とトラックのタイヤに巻いたチェーンの音が聞こえてくるくらい。店はどこも休みで、『家から出ずにゆっくり休むもんだ』と思っていた気がします。

ばあちゃんからもらったお年玉を3000円くらい握りしめて、オモチャ屋さんが開くのを兄貴と心待ちにしていたもんです。

その時だけ飲めるリボンナポリンのビンを見るとテンション上がったりしたな(笑)

あの解放感は、ばあちゃんうちが非日常的な居場所だったんですよね、きっと。

今では特に大型の商業施設は大晦日の夜まで、そして元旦朝から初売り!!が常識になっていて、何の風情もなく、ただ単純に休めば良いのに…と思ってしまいます。

消費者が求めるのか、商業側が煽るのかよく分かりませんが、何だかなって感じです。

いぜん大型のショッピングセンターなどに働いてるひと数名にぷちインタビューをしたことがありますが、みんな呆れたり、諦めたりしてました。

『正月が1番大変。国民の休日としてくれればいいのに』って真剣に言ってるひともいたな。

互いに意識を煽り、消費を生み出すあたり、根底には売上やサービスの向上はもちろんあるとは思いますが、一方で漠然とした不安のスパイラルみたいなもの感じたりします。

あそこがやってるんだからうちもやらなきゃ! さらに早く、さらに長くみたいな…。

そんなこんなで、ひとり言に長々付き合ってもらいありがとうございました(笑)

というか皆さんはそんなこと考えたことないですか?

だいぶ眠くなってきました。

ではあと三つ寝るとお正月ですね。

また書くかも知れませんが、今年も本当に色々な若者や地域のひと、視察に来てくれたひとにはたくさんお世話になりました。

来年もよろしくお願いします。
[PR]
by togetuso | 2011-12-30 02:39 | ひとり言

メリクリ~!

タカさんです。

嬉しいクリスマスの贈物を紹介♪


b0188177_2130247.jpg



スクラム2期生!まっつ&ふゆかから届いたメリクリメール^^

僕だけではもったいないので、了解を得てみんなにもお裾分け。

「まっつわ 皆の幸せを願っています。 皆、良いクリスマスを。 皆、愛しちょ~けぇ~  でわ。」
(原文をほぼそのまま紹介(笑))

メリークリスマス♪
[PR]
by togetuso | 2011-12-25 21:31

背中が語る。

タカさんです。

まじくるブログと更新のバッティングを避けるためにこちらで連日の書き込みです。

今日はまじくるハイスクールでした。

新しい仲間T也も加わったことで空気は変わり、次に踏み出すハイスクールになりました。

ここ数回、ぐるぐるしていたハイスクールの姿や意義みたいものを今日はみんなの経験からあぶり出すことになりました。

付箋を使って書き出し、さらにどんどん説明付きで発表していき、突っ込み(ボケ?笑)あったのですが、みんなの経験が溢れ出て、これこれ!という場になりました。

中でも、T也が生き生きと経験を語ってくれたことが印象的でした。

T也はどちらかというと、普段そこまでひとと関わらないし、パソコンでゲームをするのが好きな『ゲームマスター』という印象です。

そしていつも黙々とゲームをやる背中を見ていましたが、今日の彼の背中はいつものそれとは違いました。
b0188177_1195675.jpg


自分の経験が活かされたり役立つ場が保障されることで、誰もが生き生きと自分らしさを発揮することをまた実感しました。

場を保障せずして、個人にやる気や元気を求めるのは応援でも支援でもサポートでもないんだと思います。

まじくれて楽しかったなぁ。

盛り上がってきたので、次回の1月7日は昼食を挟んでやっちゃいます。

T也とM史がホームページ担当になりそうだし、何だか楽しくなってきました。
[PR]
by togetuso | 2011-12-25 00:56 | 若者

こんな私に誰がした。

こんばんは偽です。

連休、天気が荒れるとか荒れたとかで水面下でげんなりする予定でしたが、
木曜日にガッと雪が降っただけで、大々的に雪はね等せずに済みました。安心。



釧路に来てからと言うか、ここ3年くらいと言うか、
口から物を発する機能+要領を得る機能が立派に優れていないことをひしひしと感じており、
キャッチボールが大事だとか言ってる自分の動作のぎこちなさに

これはひょっとして、自分、門外漢にも程があるのではあるまいか

と思いながら、たまに興に乗って話をしたりしつつして現在を迎えています。


で、今日の夕方、2時間くらい

「現在に至るまで」
「他人から見た印象」

の話をする機会がありまして。
話の内容も想定外な展開が多くて楽しかったんですが、
話のやりとりをできることが大事だな、と思いました。

なんでもない話の中に、なんでもなくない点が出てくることもありますし、
ノリで話してた内容が何か形になるきっかけになることもありますし。


身構えして、よし、何かやりとりするぞ、というものでもないかとは思いますが、
やりとりができるのは大事だよねと思った次第。


ではでは。

余談ですが、大学1年か2年の時、

「なぜ西東はいつも怒っているのか」

についてひそひそと憶測されていたことがあります。
ちなみにその当時、記憶にある範囲で怒ったことはありません。
[PR]
by togetuso | 2011-12-25 00:12

「知る」」について考える

タカさんです。

とうとう本格的な雪が降っています。

北海道は陸も空もあちこちで足止めを食らっているようです。

明日は完全に雪かきの一日だろうな・・・。

今日は仕事をしながら何となく浮かんだことがタイトルの言葉。

初めてする仕事は、初めて知ることだらけなのは当たり前です。

この「知る」ということは楽しいと感じます。

鉄工所なら鉄の性質を知る、道具の使い道を知る、道具の使い方を知る・・・と言う感じ。

看板屋もデザインを知る、材料の性質を知る・・・。

ホテル業ならお得意様のニーズを知る、サービスとは何か?を知る、接客を知る・・・。

などなど、その知ることが作業やサービスに直結することも多いと思います。

冬月荘から始まり、この仕事をするようになって、本当にたくさんのひとと関わるようになりました。

それもホテルのように対面の決められた場面だけではなく、生活の中で関わることがたくさんあります。

ではホテルみたいに相手を知ればいいのか?というとそれだけではさっぱり駄目で、真逆に「自分」を知ることが不可欠です。

自分自身が何を感じ、どうするのか?や得意なこと、苦手なことをいつも突きつけられるんです。

僕もどこまで自分を知れているのかわかりません。

さらにもうひとつ大事な「知る」があることを実感しました。

「自分は何も知らない」と言うことを知る。

自分の見えている世界がどれだけ狭いのか、この仕事をしているとこれまた思い知るのです。

今まではだいたい同じ仕事を3年続けると、何となく半人前くらいにはなり、”だいたい掴んだ感”があったのですが、いまの仕事はまったくもって掴んだ感には至りません(苦笑)


今年も残すところ10日。 

来年になったら2月下旬開催の全国まじくるフェスタin府中2012に向けて臨戦態勢です。

1月中旬までにはネットワークサロンのHPでお知らせしますのでお楽しみに!!











 
[PR]
by togetuso | 2011-12-23 01:10

フィネガンズ・ウェイク

ご無沙汰してます。

書くべきことはあったような気がしないでもないのですが、
頭の中のハムスターが開店休業だった結果、現在の体たらくに至っております。
何の弁解にもなってないですな。



さて、今日は冬のスクラムに向けてチューター会議をしました。
で、オチを言うと


「振り出しに戻った方がいい気がする」
「なんだかんだでチームプレーができないとしんどい」


ってところかと、勝手に思っております。


私ごとで恐縮ですが、私、頭が悪いので要領良く物事をこなせません。

おまけに人前で話すとか、話をまとめるとか、まとめる系のことも全然できません。

ついでに何か考えないといけないとき、いちいち確認をとらないと進みません。

理路整然と話をするのも苦手だし、物事の本質を見極めるのも全然できません。


全然ひとりでできないもんな感じの残念な仕上がりとなっております。
つまり、誰かの協力してもらわないと色々な面でダメな私。

で、自分をちょっと棚に上げると、程度の差はあれど誰にでもそういうところはあるに違いない。
そういう時に、


「ちょっと手伝ってほしいんですけど…」
「一緒に考えてほしいんですけど…」


とか気軽に頼めるならいいんですけど、


「それはあなたの仕事でしょ!」


みたいな感じでズバッとやられてしまうとしんどい気がします。
で、スクラムに話を戻すと回数を重ねていくと、

「あの時こうだったから、こうに違いない」

みたいな話になって、新しく来た人たちはそれに乗っかるしかなく、
同じパターンを踏襲していく形で丸く収まったことになり、
いよいようまくいかなくなった時に、

「だって今までと違うんだもん!」

ってオチになってるけど、それってオチになってないじゃん、と思ったのです。
で、そうなると

「これってどうなんだろう?」

みたいなことも聞きにくくなるし、

「あなたの仕事でしょ!」

になると相談できなくなるし、うまくいったらその人のせいになっちゃうし。
その辺を踏まえて、


「もともとどういう場所でしたっけ?」


に戻った気でいたつもりでいるのですが、話をしたから満足ではなくて、
話をしたことを踏まえて、じゃあどうすんのかってことが大事だと思います。

で、振り出しに戻ろうぜの原因が自分にもかなりあったりするので、
自分の反省の部分が強いのですが振り返るって大事だな、と。

ついでにチームプレーってちゃんとできないとしんどいな、と。

着地できなくなりそうなので、この辺で失礼します。
今日は偉そうなこと書いている感があってすごい違和感。


※今日のタイトルはアイルランドのジェイムズ・ジョイスって人の小説のタイトルから引用。
 日本語に翻訳するのは無理ってことで有名みたいです。
[PR]
by togetuso | 2011-12-19 22:38

言葉について

タカさんです。

気まぐれな冬月荘のブログに僕も気まぐれに書き込んでみようかな。

ブログって感じていることを表現する上で、なかなかいいものです。

というのも自分のノートに書く日記と違い、不特定多数のひとが見るので、結構表現を考えるんですよね。

書き終わった後に見直したり。

自分の感じている”もわん”とした事を忠実に言葉で表現しようとすることそのものにとても意味があって、気付きも生まれることが解ってきました。

僕は読むことも書くこともあまり得意ではありません。

塗ることやとるとこは得意です(あっ、とるって虫ね(笑))

なので、こんなに言葉に向き合うことになるとは思いませんでした。

人生って面白いもんです。


今日はえにぃで相談の仕事をしていて、ある方にお話を聴かせてもらいました。

人生のある一部分や一時期のことだけを聴いているのですが、そのどれにもその方の想いや経験が詰っていることを実感します。

同時に話す言葉の中に色んな想いや不安、葛藤などが表現されます。

言葉をつかんだり、表現することの大切さや難しさを感じた一日でした。


最近は一日にいろんな種類の仕事をすることが多いし、一か所にじっといることがないので、なかなか何について書けば良いか困ることがあるのですが、これからも自分の言葉で表現していこうと思います。
[PR]
by togetuso | 2011-12-15 02:49

バウリンガル。

土曜日に雪が降ってから、日に日に路面が凶器になっている感をひしひしと感じます。
11月以降、寒いですねを絡めないと文章書けない病になりつつある感。

こういう時、引き出しの少なさを遠回しに感じる私。
なんせわずか4行で感を4回も使ってるし。

さて、今日はなんと本司口氏がブログを更新されております。
是非とも優先的にお読みください。



普段、あんまり文章というか文字がダーッと書いてあるものを読む習慣が無いのですが、
たまたま内容をチェックしていた、とある音楽指導者のブログ。

11月に閉鎖してしまったのですが、気になったのは内容と文章が3:7。


「オレはこんなにわかりやすく書いてるのに、理解できない輩がいる」

「そんな連中にとやかく言われる筋合いは無い」

「というわけでブログ辞めます」


みたいな感じで堂々のフィナーレを飾っていたそのブログ。

で、

うわあ、すごいなこの人、色んな意味で、と思いながら読んでたんですが、
一番気になったのが「オレはこんなにわかりやすく書いてるのに」。



私が感じてるようにみんなも感じるであろう
オレが言ってることを理解できない方が悪い



ってのがどうも、引っかかる。
楽器教える人とかによく見るタイプなんですが、個人的に


私が感じてるようにみんなも感じる方が難しいよね


と思っているので、その時々で、
お互いに一つ一つの言い回しとか、言いたいこと等を噛み砕いて確認するのが大事なんじゃないかな、
などと感じている今日この頃。
「ああ、はいはい、こういうことでしょ」でサクサク話を進めるのと逆な感じ。



最近、時間をかけて人と話をする機会があったもんで、似たようなことばっか言ってる気がします。
そういう自分は意思疎通とキャッチボールが不得手どころか、
穴があったら入ったついでに埋めてもらいたいレベル。


思ったことをわかりやすく直球で言える人が心底羨ましい。


以上、偽でした。

さて、今日はなんと本司口氏がブログを更新されております。
是非とも優先的にお読みください。
[PR]
by togetuso | 2011-12-08 23:49