「ほっ」と。キャンペーン

コミュニティハウス冬月荘ブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マイノリティリポート。

祝!西武ライオンズCS第2ステージ出場!

こんにちは。
偽です。

ひっさびさに日が昇っている時間帯での更新を試みます。
勝手に出来つつある「ブログは夜更新する」という自分ルールに逆らっているせいか、
この時間帯の更新は変な感じがするのはなんでだろう。


最近、案の定(略)氏から

『誰が暗号文を量産せよと伝えたのか。ブログは機密事項の通知手段ではない。』

という旨の通告がありました。ひええ。
ぐうの音も出ません。


で、前置きはさておき。
26日~29日まで函館経由で東京まで出張に行ってきました。
東京はとにかく人が多い。
ついでに10月末とは思えない気温で、さらに人が多い。
列車も『○○線』とか種類が多いし、人も多くて東京で行動することが大変でした。
ビバ田舎。道民で良かった。



さて、今回の出張ですが、函館・東京のどちらもフォーラムの出席が目的です。
いかんせん学が無い男なので話の内容どころか、単語からわからないことが多々。
それでも何となく、ビビッとくる部分もあったりして勉強になりました。

特に東京のフォーラムは、学習支援がテーマだったので、
見に行きたい感がくすぐられる実践もいくつか。
ついでにちょっとだけおしゃべりもしてきました。

で、色々勉強になったんですが、根が不真面目な偽には雰囲気がちょっと苦手でした。

でも釧路以外の場所に行って色々見てくるのは勉強になります。
今後も機会があれば色々見に行きたいなとは思いますが、
その前に予備知識も少しは必要だな、と感じた次第です。


今回の出張の一番印象に残ったのは東京の打ち合わせで入った

『どう考えても魚介類を揚げてないだろう』

という料金設定の天ぷら屋さんです。
1100円のロースカツ定食で満足できる男で良かった。

ではこの辺で。
頑張れ!ヤクルトスワローズ!
[PR]
by togetuso | 2011-10-31 16:45

トーキョーの天ぷら

タカさんです。

昨日、日記を携帯で更新したはずが、アップされず。

もう数カ月前から、エキサイトブログの使いにくさを感じているのと、あまりの読者の増えなさにアメブロに移転しようか考えています。

まじくるはアメブロで書いていますが、平均100名~150名という読者数。あちらは大人の研修生が増えると同時に、着実に見てくれる人が増えていく・・・というわかりやすい原因がひとつあるのですが。

こちらは歴が長いし、サロンのHPほか、そこそこ宣伝もしているのですが、平均は20名です(笑)

もちろんたくさんの人に読まれれば良いと言う訳ではないかもしれませんが、エキサイトブログの認知度が比較的低いのかな~と最近は思ったり。

以前は更新頻度が低いからか?ということで、2日に一度程度にペースアップで更新をしてみましたが、8名と言う日もありました(笑)

まさに顔が見える範囲でそれもそれで良いのですが(笑)

ちょっと考えようっと。


タイトルは東京での出来事。 シェフと一緒に、昨日開催されたあるフォーラムで冬月荘の話をするために東京に行って来たのですが、一昨日は夜に別な打ち合わせがありました。

宿泊先の御茶ノ水にある、とあるホテルのレストランで打ち合わせしましょうという連絡が事前にありました。

見かけたことがある、格式高そうなホテルだったので、ウィキペディアで調べたら、名だたる文豪が定宿としていたところって書いてある・・・なんか嫌な予感はしました。

ロビーに入ると、テレビで見かけたことがある東大の学者さんが普通にいるし、他のお客さんも貴婦人の様ないでたちで眼鏡には鎖が下がっています・・・。

あきらかにジーンズの僕とシェフは浮きまくっていて、ベルボーイの目線を感じます。

そしてレストランへ。

おしぼりが来ました。

メニューも来ました。

野生の勘が働いているシェフは横ですでにシンダフリ。

「天ぷら定食 9800円」

「特選天ぷら定食 16800円」

マンガのように目を擦って見直しても、1680円ではない (ーー;)

商品と金額のバランスが見かけない感じです。


「電動ドライバー 9800円」 「デジタルカメラ 16800円」ならねぇ。


仏像と化しているシェフは「ありえないっす・・・」と小声で。

気まずいが、もじもじしながら「予算と合わないので・・・」と逃げるように退散。

その場は何とか回避し店員にこちらでどうぞ・・・と通されたレストランは比較的安いらしい・・・が!まだホテルの中ということで、警戒心はいっぱいの僕ら。(いま思えば、外に出りゃーよかったんだけど)

メニューがきた。 「5種類の野菜の天丼 2980円」 

見慣れた金額の品は「ブレンドコーヒ 680円」

「・・・・」 

「どーする?シェフ」

シェフはすでに思考回路が機能していないのか、あきらめからか

「俺はどっちでもいいっすよ」

にわかに余裕すら漂わせています。

ブレンドコーヒーに100円足すと結構おいしい天丼は釧路で食べれるぞ~。ということで

「ブレンドコーヒーで」 (笑)

サービス料に格式料なのか、数千円は乗せているな~。

打ち合わせが終わり、帰り際にチェーン店でソースかつ丼とか食ったくらいにして。 うまかった(笑)

これ、味噌汁、漬物おかわりできて880円(税込 サービス料、格式料なし)

恐るべし、トーキョー。
[PR]
by togetuso | 2011-10-30 19:35

表現をつないでく

タカさんです。

今日は冬月荘な一日でした。

偽シェフが出張に行ってたりで、たまたまスタッフが誰もいなく、しかも夜まで、かわるがわる住人と語ったり、相談したり、コンビニにアッシーしたりで大忙し!?

ほぼ全員と会えて、何だか3年くらい前を思い出しました。

短い若者で2カ月、長い若者で3年半が過ぎました。

最近はえにぃの相談員(パーソナルサポーター)もやっていることもあり、お陰で語る機会も学びの機会もずいぶん増えました・・・というか戻りつつあると言うか。

若者と話すのは心から面白いです。

日々の暮らしを表現する言葉が絶妙で何かと嬉しくなります。

この表現を一緒に社会に還元したり、次につないでいくためにも、たくさんやることはあるのだと改めて思いました。

さて、今日はさっさと寝よう。

明日は研修の講師の合間に相談業務の一日です。
[PR]
by togetuso | 2011-10-27 00:27

霧の中に帰る

タカさんです。

濃霧の釧路に帰ってきました。

23度の大阪から13度の釧路へ(笑)

帰りは本当にすごい濃霧で、着陸態勢からぼーっと外を見ていたのですが、本当に着陸直前に陸地が見えたほど。 まだ空の上と思っていたら鉛色の地面が見えたからちょっとびっくりしました。

大きい飛行機は降りてくれますが、道内を飛んでいるような小型の飛行機はまた引き返したりすることもしばしばです。

最近はやっぱりそんな霧の釧路がいいな~っと思います。

帰りは仕事にまっすぐ向かうため、霧の湿原大橋を車で通りましたが、特別何もない景色が落ち着きます。

昨日は北芝で事務局機能についての研究会をして、夜はNICOのちえちゃんが腕をふるってくれて、コミュニティハウスで鍋を頂きながら、ケケたちの前の世代の I さんのお話を聞かせてもらいました。

7,80年代の部落開放運動やまちづくりの活動のど真ん中を生きてきた I さんの言葉は本質をつきまくっていて、それでいて生き生きとしていました。 いつの間にか引き込まれていて、大切なことを確認できて嬉しくなりました。

そして、そこにケケたちの感性がブレンドされていることも感じることができた一日でした。

共感と表現するにはおこがましく、でも首振り人形並みに頷きまくりだったな(笑)

明日は若者3人と会って語ったり、振興局や市役所の方々と一緒に春採湖について議論するなどバラエティに富んだ一日になりそうです(っていっつもだけど・・・)

そうそう、教育の関係機関の方からスクラムの話を聞きたいと言う打診があったとか。

11月頭には管内のある高校へ行き進路指導室の先生へまじくるハイスクールの宣伝と情報交換してきます。


5日からはまじくるハイスクールも始まるし、みんなと楽しみながら必要なことを一歩一歩進めて行きたいと思います。

そろそろ就活考えているスクラムメンバーがいたらまじくるに来てね!

b0188177_23341256.jpg

[PR]
by togetuso | 2011-10-25 23:37

スーラ。

こんばんは。偽です。

ブログの内容には1ミリも関係ない話ですが、
昨日のブログのタイトルが「必殺技」でしたので。
以下、落書きですので、

「お前の落書きなんぞに興味はない」

という方は、どうぞ画面をスクロールして下さい。


―――――――(ここから落書き)-------

わたくしドラゴンボールというマンガが大好きでして。
ドラゴンボールに限らず、ああいうマンガに登場するキャラは、
みんなだいたい必殺技を持っています。

で、みんな必殺技には名前がついてるんですよね。
例を挙げますと、

かめはめ波(孫悟空)
魔貫光殺法(ピッコロ)
ファイナルフラッシュ(ベジータ)

みたいな感じで。しかも必ず技の名前を言ってから繰り出します。
野球で言うと、


「今からカーブ投げるね!」
「次スライダーだから!」


と宣言してから投げてる感じ。
スポーツマンシップに則っています。

しかもクールで全然素直じゃなくいベジータが、自分で

「あ、ファイナルフラッシュでいこう。かっこいいじゃん、これ」

みたいなことを考えていたとか想像するとニヤリとしますが、
想像している自分は端から見ると真っ当に残念だと思います。

―――――――(ここまで落書き)-------


さて、本題に移ります。

例えば自分が野球のコーチだったとして。


「肩が痛くて悩んでる人がいるんです。
 筋トレ不足だと思うんですけど、見てもらえませんか?」


みたいな話があったとします。
で、どれどれ失礼します、て具合で様子を見たとします。
診断の結果、


『確かに肩は痛そうだけど、あなた、足痛いのかばって投げてるでしょ。
 まずは足の怪我を治すのを第一にして、一緒に肩の治療も考えましょうね。』


みたいなことってあると思うんですよね。



でも、そういう状況で

『肩痛いんだったら、肩に問題があるに違いない』
『あなた、筋肉弱いから痛くなるんですよ。筋トレ大事』
『練習に取り組む姿勢が悪いからだ』
『痛さを乗り越えるのも練習です』

みたいな対処をしてしまうことって、結構あるんじゃないかな、とふと思いました。
歯槽膿漏の患者さんに、全力で虫歯の治療法を試しまくるような感じ。


ちょっと距離をとって全体像を見てみるというか、
わかりきってそうなことをわからなくなってみる、というか。



自分で読んで意味が良くわからないのですが、これが限界です。要鍛錬。
「最小人数で最大効果」みたいな文章に憧れます。
ついでに最小人数、最大効果でピンとくるのは危険物処理班です。
[PR]
by togetuso | 2011-10-24 23:57

必殺技!

タカさんです。

札幌の出張から帰ってきました。


昨日は札幌の北大で「困りごとWS分析ミーティング」でした。

7月には、支援に関わる多様なひとが集まり、自分が抱えている困りごとを出し合いました。

それを分析し、手立てを講じるという2回目の集まりでした。

もう一つ、このWSは研究者と実践者がまじくり、ともに考える、「研究者と実践者の融合の場」という意味合もあります。

1回目のWSの時に、全体から出たみんなが感じている困りごとは・・・

以下の様なもの。

1)コミュニケーションの困難さ

2)連携の困難性

3)消耗感や孤立感

4)支援実践の行き詰まり

などなど。

そこで今回の話し合いではそれに対する対症療法はどんなものがあるのか?と言うものを、最後は3つの必殺技で出してみようということになったのです。

うちのグループで出た3つの必殺技はこれ!

①バディをつくる (滑落しそうになったり、息がつづかなくなった時に支え合うような)

②助けて!と言う (無理せず、困ってる協力するきっかけに)

③違いを入れる (違う意見、違うひと、違う空気など)

6グループありましたが、何となくどのグループも似た感じでした。

支援の仕事に関わらず、振り返ること、無理しないこと、違いを取り入れることは大切です。

その他にも持ち札(選択肢)を増やす、空気を変える、戻れる場所をつくるなど色々出ていました。


逆を言うと・・・

・共有できる仲間がいなくて、振り返れず、頑張りまくり、異なるものを受け付けず、いつも同じ空気で、戻れる場所がない・・・・恐ろしい(苦笑)

困りごとは必ずあるもの。 そこを少しでも打破するには必殺技です。


個人的な必殺技として、どんなに仲良くても、共有できても「なぁなぁにはならない。」というのが必殺技ですが、皆さんはどんな必殺技をもっているでしょうか?


明日から大阪。 明後日は北芝の仲間とまじくります。
[PR]
by togetuso | 2011-10-23 00:21

泣いて馬謖を斬る。

祝!西武ライオンズ、クライマックスシリーズ出場!
偽です。

諸々の事情で、存在を忘れていたYah○○!(○は伏字)メールをチェックしたところ、
おびただしいメールの山々から、一通のメールを発見しました。
本文を要約すると、



『ブログを更新しなければ人質の命は無い』


といった感じの内容でした。
幸い命に別状はありませんでしたが、違う部分で深刻なエラーが発生した気がします。
弁解を試みた方が確実に危険に近づくケースです。
今後更新ペースを上げて命乞いを図る所存。


で、気になりそうなニュースを。
某読んだり売ったりな新聞からの引用。

■公立小中学校の教職員の勤務実態について、会計監査院がいくつかの地域で検査した。

■すると、北海道と沖縄県の計191校の855人が、夏休み期間中に校外研修の届けを出しながら実際はしていなかった。

■しかも勤務中に教職員組合関連の活動をしていたことも分かった。

■そういうわけで、文部科学省は該当した教員の給料の返還措置を取るべきじゃないの?という報告を、11月に公表する報告書に盛り込む予定。


だいたいこんな感じ。


うーむ。
内容は「そうですか」という感じなんですが、
周りに学校の先生をしている知人、友人、後輩、他人が多くいるもので、つい。
で、このニュース。


『やっぱり学校の先生はけしからん!』


みたいな話にならんかな、とちょっと思ったりして。
たぶん、真面目に、一生懸命教壇に立っている先生の方が多いと思うんですよね。
で、「教員のモラルが低下しとる!」みたいな風潮が強くなったとしたら、
真面目にやってる先生方のモチベーションやいかに。
(実際に低下してるのかもしれないですけど)

以前、なんかのテレビで


『学校の先生は休みすぎ!もっとキリキリ働け!』


ってニュアンスの発言があったのを見た記憶があるんですが、個人的には学校の先生は十分働いていると思います。
むしろ働きすぎなところもちょっとある気も。

先生の仕事ですが、教科指導と生徒指導に限らず、部活の指導もしないといけません。
(部活の指導は土日もある場合が多い。)

さらに公務分掌や授業の準備、学校行事のための準備もしないといけません。
場合によっては保護者の対応も入ります。 

そんなこんな下校するのが遅くなることも頻繁にあるみたいですし、


○授業の準備をしてたら、電気代のムダだ!とクレームがきた
○保護者から「夫婦喧嘩の仲裁に入ってくれ」と電話がきた
○「ブルーレイの録画の仕方がわかんないから、今すぐ来て」と電話がきた


なんてケースもあるそうな。
(下の2つは稀なケースなんだと思います)
ついでに、どこで聞いたか定かではないですが、


『日本の先生は、事務員がやる仕事までしてる』


なんて話もあるそうで。

先生の精神疾患による退職率は年々増えているらしく、文科省の発表だと
昨年度、先生が病気退職したうちの半数が精神疾患によるものとのこと。
ついでに精神疾患による休職者は5458人。

偽の先輩、友人にも精神疾患で休職・退職した人が結構いたりして、
個人的感情を入れるとちょっとモヤモヤします。


そろそろ文章がダラダラしてきたのでやめますが、

「学校の先生をサポートする仕事」

って、どれくらいあるのかしら、とちょっと疑問。
休職・退職予備軍もいれると結構な数になりそうな予感がしますし、
メンタルが不安定な状態で指導するって状況があるとした場合、それってどうなのかしら。

※あくまで「偽はこう思うよ」って話です。



明日は釧路町スクラムです。
最近、一日があっと言う間。
[PR]
by togetuso | 2011-10-21 19:53

曲者じゃ!出会え、出会え!

どちらかと言うとこんにちは。偽です。

スマートフォンでこのブログを開くと、
タイトルと本文の最初の一行が表示されます。
で、自分が書いた記事。
ひな形を使ったかのように、


「こんばんは。偽です。」


がズラリ。
これはこれで面白い気がしないでもないですが、
趣向を変えて投稿する時間を変えてみました。
(ホントはモニターとにらめっこするのに疲れただけです。)


ここ何日か、自分にしては珍しい更新ペースを見せていますが
あんまりオラオラ更新しすぎると徐々にハードルが上がる気がしてきました。

高いハードルを飛び越える脚力もないですし、
ブルトーザーか何かでハードルごとぶっ壊しながら進む度胸もありません。
というわけで、そろそろ自重しようと思います。



昨日の夜に冬月荘に集った人数、おおよそ25人ほど。
で、一転して今日。
お昼に親子ランチのお客さんがいたくらいで、以降はすっごい静か。

夕方に住人が帰ってくるまでは、
玄関に人も来ないどころか廊下を歩く音すら聞こえなかったくらい。

毎日毎日そんなに何かあるわけではないですし、
何もない日はホントに何もありません。

最近、住人たちも色々と活動する機会が増えたこともあってか、
あんまり静かすぎるのも、ちょっと寂しいかも。



で、静かな環境で作業がはかどったかと言われるとそういうわけではなく、
一人でうめき声をあげながらパソコンと格闘していた私。


明日も携帯電話のバイブレーターみたいな声を出しながらパソコンと格闘する予定です。


ではでは。
[PR]
by togetuso | 2011-10-19 17:51

寝て待て。

こんばんは偽です。

昨日の夜、18時半頃でしょうか。
数少ない懇意にしてくれていると信じたい後輩から着信アリ。
何が起きたかと思ったら、子曰く

『教員採用試験に合格した』

とのこと。
この後輩、寮で相部屋かつ、部活も同じ吹奏楽部。
ということで、日々投球練習に励んだりしているうちに仲良くなり、
現在まで懇意にしていただいていると勝手に思っています。

しかも、生活に全く必要無いであろう瞬発力に長けていたりと
生活に全く必要無い意味で羨ましい存在だったりするのです。

そんな後輩のめでたい報せなもんですから、
近々近況報告もかねて遊ぶことにしました。



で、今日は札幌からのゲストをお招きして

『若者研究会』

と題した催しがありました。
あちこちを徘徊したりして十分概要を把握してはいないのですが、
札幌の方の取り組みに対して、

「ちょっと見に行ってみたいな」

と、図々しくも思ったりして。

で、今日の催し。
日頃「若者支援」に携わっているとされるスタッフと、
冬月荘や夏月荘に住む若者が参加しており、
その中に有り難く偽も召集していただきました。
信じがたい話ですが、大学時代の偽、
後輩から割と相談されることがあり、先述の後輩もそんな中の一人。

たぶん、

「そこに壁があったからボールを投げました。」

くらいの感覚で話をしただけだと思うのですが、
話をされている偽は

『相談する相手間違ってますよ』
『オレに言っても気休めにもなりませんよ』

と、全然親身ではございませんでした。
で、現在の偽。
例えば、

「○○が××で大変だ。この事に関して見解を述べよ。」

とボールが投げられたとします。
鳴く気配も飛ぶ気配も無かった大学時代と比較して、
何か進歩があったか?というと、あまり変化が無く


『他の人だったら、もっとマシなこと言えるんだべな』


とか考えたりしつつ、後で「あー…」とか思いつつ話を聞かせもらっています。


『オレ、今支援っぽい仕事してるんだよね。素敵でしょ。えへ。』


なんて言えるほど徳の高い行いをしてる気はしないし、


『我輩が何とかしてしんぜよう』


ともなりません。
怪傑ズバットよりはズバッと斬られる側なので。
じゃあ自分は何をしてるかと言うと、何をしてるのかしら。

たぶん自分にとって間違いないのは、
役に立とうと思っても自分は役に立たず、
万が一役に立ってしまったとしたら役に立ててもらっただけで、
自分の手柄でも何でも無いってことだと思います。
日々是精進。

でも、こう、

「□□すれば絶対正解!」
「オレがあの時◎◎したから良かったんだ!」
「3つのプランをご用意しました!」

ってニュアンスのものとはちょっと違う気はします。

あんまりこんなことばっかり書いてると、(略)さん氏に


『ブログを書けばそれで良いということではない。悔い改めよ。』


って旨のことを言われる予感。


余談ですが、先述の後輩。
偽が生息していた教育大寮ではアダ名をつけるしきたりがあり、
後輩がアダ名候補集からチョイスしたのは偽が考えた

「タミフル」

でした。
ついでに、あっという間に棄却されました。

ちなみに偽はマークになる予定でしたが、
シェフチェンコと呼ばれていた旨を申し述べると、

「お前それでいいよ」

となり現在に至っております。
[PR]
by togetuso | 2011-10-19 01:40

コギト エルゴ スム。

こんばんは。偽です。
日ごと寒さが募る今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

このブログ、記事をカテゴリ分類できるようになっていたんですね。
カテゴリがどれくらい多岐に渡っているか未確認ですが、
今後も頑なに「未分類」で投稿し続けようと思います。


さて、今日は札幌へ行ってきました。一人で。
英気を養うとかそういう感じのジョイフルな目的ではありません。
今回の任務は、普段勝手に「町スクラム」と呼んでいる

『子どもの健全育成支援事業』

の中間報告です。一人で。

前回報告に向かったのが3月。
その時はタカさん氏と2人でしたが、今回は単独行動。
1月も「はじめてのおつかい」なシチュエーションがありましたが、
今回は報告+議論という難易度が高いおつかいです。

まず、わたくしGPS機能に不具合がありますので、
時間通りに目的地に着くかどうかが1つ目の不安。

2つ目は論旨に合った発言がなかなかできない不安。

冷や汗が出るか出ないかくらいの心持ちで向かったわけですが、
心優しい道庁の職員さんのサポートを頂きつつ、
務めを果たしたことにして現在に至っております。


で、報告会の内容。
ざっくり言うと今後に向けて色んな角度からのボールが飛び交った感じ。

はっきり言う必要が無いくらい無知な偽ですので、

「へぇ~」

と思うことが多々。
特にグッときたのは「居場所」に対するニーズ。

この事業、余市町と釧路町で実施されており、
余市町での実践報告の流れで知ったのですが、
学校の先生からも居場所に対するニーズがあるらしいのです。
(個人的に「あの先生かも」と思って聞いてました。)


で、今日の話で出てきた居場所というキーワード。

「なるほど!居場所か!」

と言っても、

「ちょい待て。居場所ってなんじゃいな?」

って感じで、キーワードを深化させていくのって、結構盛り上がりそうな予感がします。
ひょっとしたら面倒くさいかもしれませんが。


スクラムの中でも「居場所」というフレーズはよく出てきますし、
色んな場面で飛び出すフレーズです。
よく出てくる分、知らず知らずのうちに枠というか、
目的地を作ってしまっていたりして、

「こうあるべきだよね」
「こうじゃないとダメだよね」

と無意識にフローチャートに沿ってしまう怖れがある気がするのです。

ついでに生身の人間を相手にするので、
勝利の方程式や定石みたいなお決まりのパターンが
当てはまらないことの方がきっと多いはず。

その分、現在地を見直してみたり、色んな可能性を模索する意味でも
今日の話し合いのような「色んな人」が集まって、
情報交換したり意見交流をすることが大事だと勝手に思ったりします。

と、いうわけで明日はスクラムがありますので、
そろそろ口を慎んでおやすみます。


最近、やたら手の皮が剥けています。
なんじゃこりゃ。
[PR]
by togetuso | 2011-10-15 01:13