Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

好青年と語る

タカさんです。

夜遅くに静まり返った冬月荘で仕事が終わった住人マサキと語りました。

今の仕事のこと、震災のこと、冬月荘のこと、ちょっと昔のことなどいろいろ語りました。

マサキは16歳で冬月荘に住み始めて、19歳になり、はっきりと自分の中で大人になることを意識していることが感じとれました。

僕も楽しくなり、心の中で「やっぱりマサキと話すの楽しい!」と思ったのと同時に、なぜだろう?と考えました。

それはお互い自分の言葉で話せている感じがしたからだと思いました。

考えてみると、マサキが来た頃は僕自身もよくわからず仕事をしていたので、あまり自分の言葉で話せていなくて、マサキも自信がなかったり、不安だったりでそれは2名とも同じでした。

今日は仕事や震災を通して自分の感じたことを自然に語り合えて、マサキの意見に「俺の場合はこう感じるな~。」って返すと「なるほど、そう考えたことはなかったな~。」なんて返ってきて、語りのキャッチボールができたので楽しかったんだと思います。

いまの仕事も1年以上続いていて、これからを考えると分岐点みたいだし、また近々色々と語ろうかな。

あんまりいい顔していたから思わず写真とっちゃいました(笑)
b0188177_0373563.jpg


高校生の中にはまーちん(マサキの愛称)ファンもいるから本人承諾の上、公開します・・・好青年の笑顔(笑)

なかなか似合うな・・・ネクタイ。
[PR]
by togetuso | 2011-04-27 00:43

ご案内の一日

タカさんです。

おはようございます。

昨日はすっかりぐったりしていて日記を書くのも忘れて、起きたら夜中でした。

今日は午前、午後と視察で冬月荘やまじくるをご案内します。

夜は子どもの虐待防止協会の会議。

天気の良い釧路です。

では。
[PR]
by togetuso | 2011-04-26 08:46

先生たちの反応

タカさんです。

今日は学校の先生が学習会を企画している生活指導研究会に講師としてひおPが呼ばれたので、僕も現場の声として発表に参加しました。

前半はSSW(スクールソーシャルワーカー)の話がひおPからあり、しっかり聴くのは僕も初めてだったので、先生たちと一緒に座り聴かせてもらいました。

学校と家庭(子どもやお母さん)をつなぐ役割だったり、地域の応援団をつくるコーディネートをしたり、一員になったりと役割は様々ですが、これから本当に必要な職種だと感じたし、その話を聴いた先生たちの先が拓けた表情が印象的でした。

聴いていて、子どもであっても、お母さんであっても、障がいをもっているひとであっても、誰であっても、ひとと向き合って相談を受けたり、応援する時に大切なことって普遍的なんだなって感じたので現在、冬月荘やまじくるとは別にやっているパーソナルサポートサービス事業(PS)にもとてもつながる話だったので、聴けて良かったです。

特に子どもを取り巻く環境は以前より厳しいものがあって、地域の大人ができることをできるだけでいいから、少しづつ考えて、応援団ができるような地域になるためにも自分も目の前のできることを地道でもやっていこうと思いました。

後半はスクラムの映像を見てもらいました。

ダイ、カミデ、わった、きょろ、ふゆか、あやな、まさし、おんじ・・・みんなの話を聴いて先生は・・・。

「うらやましい」 

「子どもが変化しているのを見て、自分の生徒もそうなれるんだ思えた。」

「話せなかった子がみんな自分の言葉で話している」

「かわいいです!」

などなど感想がありました。

正直、ふだん冬月荘に集まるみんなからの先生の話は、あまり良いものではないことも確かです。

でも僕も中学生の時は漠然と大人に対する反発心みたいなもので、根拠がなく「俺はあの先生嫌いだ!」なんて言ってたので、その反応はよく解ります(苦笑)

今日会った先生たちは、日曜日にも関わらず子どものことを考えるために集まっていました。

上の感想のようにスクラムのみんなを見て、自分もこんな風に子どもに関わったり、逆に関わった子どもがこんな風になってほしい・・・と感じたようです。

そりゃー、みんなのいきいきした様子をみるとそう感じるでしょう。

今日の先生たちも自分の”先生という役割”の中で葛藤しながら、頑張っているのがわかりました。

最後にひおPが「先生は先生のできること(社会に出たときには必要なことなど)、こっちはなんの縛りもない中でできることをそれぞれやっていくことが必要」と言ってましたが、その通りだと思いました。

「学校で学べること、地域で学べること=先生ができること、地域の大人ができること」を改めて考えたし、同じ子どもに関わる大人として、先生とこうやって話ができる機会は僕にとっては貴重だなと思いました。


話は変わり、ここで宣伝!!

全国のまじくるの旅で出会い、まじくるネーミングの親のまるちゃんの本が出ました!

先日の名古屋でプレゼントにもらいました♪

書店でも買えるみたいだし、アマゾンでもOK!

まるちゃんの、そしてまじくることの大切さもかわる本です^^
b0188177_092967.jpg


左端に小さく「まじくる介護」って書いてある・・・(笑)
b0188177_0103088.jpg


これもまだ買っていないひとは是非!
b0188177_014496.jpg


ついつい並べたくなる・・・(笑)
b0188177_0143552.jpg


今日はこのへんで。

P.S. 北芝の本ができたらここで紹介するで~、ケケ&三四郎!
[PR]
by togetuso | 2011-04-25 00:20

久々の雨

タカさんです。

釧路に帰ってきました。

本格的な雨はずいぶんと久しぶりな感じがします。

桜が咲いていればすべて散ってしまいそうな強風ですが、釧路の桜の開花は5月中旬となりそうです。

一昨日は名古屋にいて、桜がすでに散ってしまったところを見ると、改めて日本は縦に長く、季節の北上(桜の開花宣言)と南下(初雪の便り)が絶妙で、季節の時間差がいい感じに日本らしさを演出しています。

今日は羽田からの飛行機が条件付き運航になり、羽田に引き返すか、新千歳に降りるかだったので、とりあえず無事に到着して良かったです。

明日は日曜日ですが、生活指導研究会で学校の先生にスクラムの話などをしてきます。

どんな対話になるか楽しみです。

先生とまじくることで、子どもに関わる大人として少しでも自分の気付きや学びになればと思っています。
[PR]
by togetuso | 2011-04-24 00:49

こっちも読んでね!

タカさんです。

冬月荘のブログをいつも読んでいただきありがとうございます。

何だか毎回まばらな更新になってしまっていますが、この冬月荘もベースになったまじくるの日々も是非合わせてお読みください。 僕はこっちでも日記を書いているので。

http://ameblo.jp/magicul/  ←このエキサイトブログはURLから直接飛ばないので不便です(って確かふた手間くらいかければできるはず)

たまに冬月荘のことも登場しますので。

さて、話が変わりますが、川にはアメマスがきているようなので、そろそろ釣りに行きたい気分ですが、釣りもブームだったのか?ってくらいまるで趣味から離れています。

趣味と言えば「これってなんだろう?」「これってどういうことだろう?」って考えたり、語ることかな・・・。

さ~助成金の申請用紙をしあげよう。


※偽シェフは現在、映像作りのオーダーを受けて籠もっており、一応生きていることだけ伝えておきます(笑)
[PR]
by togetuso | 2011-04-19 22:48

行政のひとと語る

タカさんです。

昨日は釧路町スクラムの昨年度の報告と今年度の計画のために道庁から2名来てくれました。

13時に来て、16時に帰るというまさにトンボ帰り。

1名(N川さん)はおもに昨年度実績についていろいろ聞き取り、もう1名のひと(K山さん)は収支計算について・・・という担当でした。

そこで途中、面白い光景が。

実績報告資料としてシェフが活動の様子を数枚の写真で渡しました。

その写真は勉強している様子が2枚、スポーツしている様子が3、4枚といった感じ。

その子どもたちが楽しそうにスポーツしている写真を見て、N川さんがK山さんに小声で「俺、こういうことがしたかったんだよ・・・こういうのが必要だよ。」なんてひそひそ話しているです。

そこで思わず僕は嬉しくなり、「ですよね~!」と会話に割って入ってしまいました。

N川さんと語っていると「やっぱり今、社会的な居場所が必要ですよね。」「やっぱりいろんな人と出会い、学べる機会ですよね~。」みたいに話になり、駅に送る前に急きょ、まさにそれを実践しているまじくるを見ていただきました。

今度、N川さんとは札幌で語ることになりました。 

「いや~事業委託団体とは利害関係もあるのでなかなか難しくて・・・」というので「じゃ~外でランチでも!」ということで、その内に子どもや大人の学び合いの機会について語り合うつもりです。

こうやって仕事の中で生活当事者の視点をもって頑張っている行政のひととまじくれると、先がある感じがして嬉しいものです。

できることをしっかりやろうと改めて思いました。

冬月荘はまた10代の住人が増えてみちみち満室状態。 

マサキ先輩にサポートもお願いしました。

明日はマッサージでも行って少し体を休めます。
[PR]
by togetuso | 2011-04-17 00:35

春の冬月荘

タカさんです。

日記書きましたが、操作ミスでYahooの画面に切り替わり何にもなくなってしまいました。

気を取り直せないので、ざっくり書いて寝よう・・・笑

冬月荘はいつもの春より賑やかな年度替りを迎えています。

釧路市のウィークリースクラム、釧路町のスクラム、親子ランチもちょこちょこと。 

新しい住人も増え、スタッフもすっかり増え・・・みたいな。(だめだ、文章が適当になってる。さっきはもう少し詳しく書いたけど、もう気力なし・・・苦笑)

一期スクラムのみんなも進学や就職という区切りを迎えたメンバー、学生もうひと頑張りのメンバーなどいろいろですが、あと2年もすると20歳か。

夏くらいに一回また集まろうな~・・・って日記で呼びかけてみた。笑


話は変わりますが、一昨日大阪で会った北芝のケケや三四郎たちが偽シェフの日記をとても楽しみにしていました。

「偽シェフはいつ次の日記を更新するんや~? 楽しみにしてるで~。」って。
[PR]
by togetuso | 2011-04-15 01:27

ありがとうございました!&お世話になりました!

タカさんです。

昨日も書きましたが、「コミュニティハウス普遍化事業」の報告書を今日、福祉医療機構へ送りました。

締め切りぎりぎりでしたが、実行委員として関わったゴンザレス庄司や偽シェフ、最後は場づくり師のひおPの作文で締めて「まじくる本」というDVDの副読本を作りました。 

改めてこの2年間の調査や実践交流、全国まじくるネットワーク会議、全国まじくるフェスタなどで出会い、お世話になった皆さん、本当にありがとうございました!

自分の中では本当に身になり先につながる事業となりました。

今は少しほっとして芋焼酎をちびちびしながらブログを書いています。

明日はぼけぼけして、月曜日は大阪です。

今日も冬月荘では勉強会が静かに開かれていました。

釧路町のスクラムは昨年の対象だった中学2年生が中学3年生になり、そしてこれから新しい中学2年生が加わりこちらも賑やかになりそうです。

おんじは子どもから英気をもらいながら今年もぷらぷら?がんばるそうな・・・(笑)

そうそう、今日はつるちゃんにも会いました。 つるちゃんも社会、理科、中1、中2の英語あたりを教えてくれているらしいです。

ある日来て、気づいたら担い手になる・・・それは僕も一緒です。 

嫌々来て、気づいたら担い手になっている偽シェフとか。

担い手になりたくて来て、いまいち子どもに相手にされなかった大人もいたな・・・(苦笑)

決まって何かをしてやろう!という大人は不発に終わる、ウケが悪いということはこの3年半でわかってきました。

自信がなく、不安な人ほど、気づいたら・・・ってことが多いんです。 


やっぱり冬月荘って面白いです。
[PR]
by togetuso | 2011-04-10 01:40

2年間の蓄積

タカさんです。

4月もあっと言う間に毎日が過ぎています。

2009年4月から始まった「コミュニティハウス普遍化事業」も報告書づくりが大詰めを迎えています。

まとめると16地域25団体位の方々、まじくるフェスタなども合わせると2年間で250名以上の方々とまじくりました。

本当に多種多様な人々と語り、言葉にできた2年間でした。 それはまさに自分が何をしているのか?自分がどう感じているのか?を言葉にすることをより促進させてもらった機会の連続でした。

コミュニティハウス冬月荘もそして地域起業創造センターまじくるの実践もこの事業がきっかけで整理され、次に進んだように感じます。 

現在、簡単な副読本を創っていますので、偽シェフの力作映像の「まじくる THE MOVIE」とともに連休明けにはまじくるフェスタなどで出会った方々のもとへ届けられるように準備していきます。

もしもフェスタに参加できなかったけど観たい!という方は冬月荘の偽シェフまでご連絡ください!

偽シェフとはそこまで打ち合わせせずに勝手に書いていますが、彼なら素早く送ってくれるでしょう(笑)

というわけで、あと少し報告書づくりをしたいと思います。

では、ちょっと懐かしい個人的にお気に入りのまじくるフェスタの写真を一枚。

b0188177_101870.jpg

[PR]
by togetuso | 2011-04-09 01:01

これでいいのだ。

ご無沙汰してます。偽です。
気が付いたらもう新年度。

本当はエイプリルフールに嘘っぱちの記事を
更新しようかと目論んでみましたが、
日頃へっぴり腰の僕にそんな度胸ありませんでした。


『教職就かない!』


と宣言してから4年。
何となくカウンセラーを目指してみたり、
研究職の道を勧められたり、
紆余曲折を経て現在に至るわけですが、
学生時代に「使えない男」の代名詞だった自分が
定職に就けている事実が嘘くさいという現実。

なんせ、友人たちから本気で卒業してからどうするか、
むしろどうなるか心配されたくらいですし、
たまたまラーメン屋で遭遇した友人に

『あ、シェフ!生きてたんだ!』

とか言われるくらいの存在でしたので。
事実は小説より奇なり。

で、教職を選択肢から積極的に放棄したことを
「勿体無い」「惜しい」などと語ってくれた方もいましたが、
個人的には今のところこれでいいのだ。
一番の友人からは、

「悪いこと言わないから、やめとけ」

と激励のコメントを頂きましたが。


新年度と言うと、もうすぐ入学式や入社式など
春めいた出来事が目白押しです。
ちょっと前までは、新入生のキャラを期待したり、
どんな斬新なアダ名をつけてやろうか考えたりしましたが、
だんだん恒例になりすぎて新鮮味が無くなり、
卒業前には「あぁ、そう」くらいの位置付けでした。

そんなこんなで今を迎えていますが、
昨年度から比べて自分自身に何が変わったか
自信を持って語れるわけでもなく、
のうのうと、たまにモヤモヤしながら過ごしております。

先日ある方から、

『お前はもう少し発信せい』

とお達しがありましたので、2割増しくらいで
発信・発進できたらな、などと考えております。
まずはブログの更新頻度を上げないといけないは
重々承知しているのですが。

もともと文章を書くのが苦手な上に、
不特定多数の方に見られているというポイントが、
綿で首をキュッとされている気分なのです。
言い訳にもならんですね。


ちなみに、大学入学時はマークというアダ名になる予定でした。
だから何だ、って話ですが。

今日もオチなし。
[PR]
by togetuso | 2011-04-04 03:05