Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

名古屋にて

タカさんです。

連日地震の目を疑う、でも現実である映像が流されています。

自然の厳しさはもちろん、地球の岩盤の上に安全という漠然とした意識のもとに暮らしていることの現実を突きつけられます。

気持ちを切り替えて、今日は名古屋の日本福祉大学の先生に呼んで頂いて、「アジア福祉社会開発研究センター国際研究集会」にひおPと行ってきました。

地震の混乱もあり、仙台の方や他の県からも来ることができなくて、集会というよりは研究会という規模になりました。

北芝からも仲間のKeKeと三四郎が来ていて、一緒に発表だけではなく、休憩中も4人で盛り上がりました。

しかし、また今度じっくり話したいなぁ。

今日は何よりも韓国の村づくりをしている具さんの話を聞けたことです。

鎮安郡という集落で、2001年から“集落が生き生きとして、地域社会も蘇られる”というスローガンで試行錯誤を繰り返しながらも、縦割り行政を超える先進事業を試みたり、ネットワークづくりをしていて、段階的に発展の手ごたえをつかんでいる実践でした。

先日の北アイルランドもそうでしたが、文化や背景がずいぶん違う韓国の話でもわかるわかる・・・ということがいくつかあって、とても楽しく聞くことができました。

活動と言うより、人間の普遍的なものがあるからなのでしょうか。

それにしてもたまに、自分が普段当たり前だと思ってやっていることや、関わり方を言葉にする機会は本当に大切です。

まじくるや冬月荘の活動についてもまた少し理解が進んだような気がします。

来週は冬月荘でスクラムの打ち上げです。 それを楽しみに高知からお客さんも来るのです。

ではこの辺で。
[PR]
by togetuso | 2011-03-13 22:50

使いよう。

こんばんは。偽です。
完全に私事ですが、先月の中頃に
巷で話題になっているらしい

スマートフォン

なるものに鞍替えしました。
便利な代物らしいのですが、
これがさっぱり要領がわからず何だか使いにくい。
でもそれはそれで悔しいから、
何とかして使ってやろうと思って現在に至っております。

で、ブログを更新しようとあくせくしていたのですが
画面の変なとこをタッチしたらしく、
ジャガー横田の化粧品の宣伝の画面が出てきたり
画面が真っ暗になったり…。

終いには『あとは送信するだけ!』というところで、
突然スマートフォンがブルブル震えて強制終了。
(パソコンで言うと「応答なし」の状態)
せっかく書いた日記が無かったことに!


もう知らん!勝手にしろ!
オレは寝る!


と思ったのですが、
それはそれで悔しいから現在に至る。
道具に使われてる心境です。

ちなみに更新しようとしたのは、


『まじくる THE MOVIEのDVDちょうだい!』
というリクエストがあったので、編集作業を再開した。
再開ついでに、自分で作った動画をなんとなく見てみたら、
内容はさておき、インタビューしている自分の声色が気持ち悪かった。

ついでに、今さらながら動画のアイデアが沸いたが
今さら浮かんでどうするんだ自分。
あと、去年も同じことを言った気がするが、
今年も色んな人と出会う機会があったらいいな。


という感じの内容でした。
今度こそ寝ます。

今日は1日カメラ小僧の予定。
[PR]
by togetuso | 2011-03-10 02:46

渡英し終わった。

ただいま。タカさんです。

冬月荘に入る時に履歴書に書いた「渡米」  それに習って書くと渡英が終了しました(苦笑)

2月25日、翌日26日に迫るまじくるフェスタの準備のために札幌入りして以来、やっとこ釧路に戻ってきました。

日本時間で昨日の夕方4時ころに北アイルランドを出て、釧路についたのは今日の夕方6時。 夜を越えたはずなのに、乗り物でほとんど寝れない自分は、ひたすら長い一日を乗り物で過ごしていた感じです。

ベルファスト~ヒースロー~成田~千歳~釧路。 うん、長い。 最後のJRは車内が熱く体に効きました。


北アイルランドは風景、気候(例えば霧など)、交通ルール、など様々な点で釧路もしくは釧路管内に似ていて、あまり違和感なく過ごしていました。

訪問させてもらった実践で出会った人たち(支援者や若者など)は宗教や文化の背景の違いなどあるにせよ、住みやすい地域にしていこう、古いものから抜けだそうとしていることはわかりました。

ひとつ印象に残ったのは、ドブ・ハウスがある地域ではいまだに400年前の勝利を祝って、プロテスタントの人々がカトリックの居住区に入って行ってパレードするそうで、それに刺激されるカトリックの若者が暴れるので、その時だけ少し遠くに若者を連れて行く支援をしている人に会ったことです。

へ~400年経っても・・・という歴史的背景の違いの大きさにちょっとびっくりしました。

一方で、近所の壁の補修などもその地域のできる人につなげるなど、最近こちらでも初めた似たようなこともやっていたり。

地域のニーズに応じてと活動していたらそうなったのでしょう。

困りごとがどうつながってくるのかなんていうことももう少し聴ければよかったです。


ドブ・ハウスはすでに25年経っているそうな。


b0188177_2330954.jpg



それにしてもしっかり二ーズを感じて地に足つけて、ナチュラルにサポートしているのはみんな女性。 男性はちょっと自分の仕事に酔っていたり、カッコつけてふるまっていたりする人が多く、おいおい・・・と言った感じで可笑しかったです(笑) この辺は日本も一緒かも(笑)

ふ~*o* さすがにぼ~っと&グルグルしてきました。

とりあえず寝てみることにします。

時差ボケで明日はどんなことになっているでしょうか。
[PR]
by togetuso | 2011-03-07 23:40

北アイルランドを歩く

タカさんです。

今は3月3日の午後10時半すぎ。 さっき日記書いてあと少しのところで、なぜか変なところが押ささったのか、Yahooのページになり、すべて消えてしまいました。

もう同じことを書けないので写真をひとつだけ。

昨日いったコミュニティーファンデーションの玄関を出て振り返ると・・・

b0188177_7565560.jpg


冬月荘の話をした後にこれを見たので、このコミュニティーハウスをイメージして聞いていたら、よく解らなかったのでは・・・?と思ってしまいました(笑) 

コミュニティーファンデーションは中間支援組織のようで、なんでコミュニティーハウスって書いてあるのかは質問しませんでした。

今日はこれからまだ仕事するし、短く小ネタで終わります。
[PR]
by togetuso | 2011-03-04 08:01

クイズの時間。

夜分失礼します、偽シェフです。
ふと冬月荘ブログを見てみると、
北アイルランドからの更新があったり、
まじくるスタッフの更新があったり…

北アイルランドからでも更新できるのか!

とビックリしましたが、
よくよく考えたら日本から海外のサイトに
アクセスできるということは、その逆もまた然り。
当たり前であろう事に、
しっかり遠回りして気付くあたり
自分のハードディスクの性能に不安を覚えてしまいます。


さて、昨日は北海道の公立高校の
入学試験がありました。
初日は学力考査で今日が面接試験。
4期生のみんなの成果?安否?が気になります。

『教員に適正なし』

と厳正な脳内会議で採択してから4年経ちましたが、
気付いたら教育関係と取れなくもないようなことに
関わらせてもらっているあたり、
何が起きるか本当にわかりません。

話が脱線してきたところで、
今日(昨日)は中1、中2対象のウィークリースクラム。

4人の中学生
冬月荘の住民
入試の関係で今日は学校が休みの高校生チューター
大人のチューター

が気がついたら『頭脳パズル』で多いに盛り上がっていました。
(僕も参加しました)
頭脳パズルは、例えば

S M T ● T F S

の●に当てはまるアルファベットは何?
って感じのクイズの類のこと。
(ちなみに答えはWです)

『さあ勉強するぞ!』

となると、積極的に拒否していた高校生チューターが

『シェフ、ヒントくれ!』

と前のめりで参加していたりして、
予想外に盛り上がったのです。

『これって意外と勉強に役立つ部分があるよな』
『景品付きでチーム対抗でやったら盛り上がるかも』

なんて思いつつ、6時になってスクラム終了。
パズル、クイズが苦手そうな住民の1人が
楽しそうに参加していたのが良い意味で驚きでした。


では最後に、大人も含めて一番手こずった問題を。

金貨がたくさん入った袋が8袋あります。
この中で1袋だけ偽物の金貨だけが入っています。
本物の金貨は1枚10グラム、偽物は1枚9グラムです。
重量計を使って、8つの袋のうち
どの袋が偽物しか入っていない袋か当てて下さい。

ただし、重量計を使ってよいのは1回のみとします。

お時間がある方がいましたら、
暇潰しがてら挑戦してみて下さい。
ちなみに、この問題は子どもからも大人からも不評でした。
[PR]
by togetuso | 2011-03-04 02:50

フレキシブル隊~仕事づくり~

みなさんこんばんは。そしてはじめまして。

普段は地域起業創造センターまじくるで勤務をしている、フレキシブル隊のてるといいます。

今日は、タカさんが朝から(タカさんの時間は夜らしいですがww)ブログを更新していますので、そちらもぜひ合わせてご覧ください。

今日は、先日タカさんからもあった通り、「仕事づくり」についてお伝えできればなと思い立ち、はや、1時間が経ちました。

なんと本日の北海道新聞の記事になったこともあり、自分たちより他のところから少し伝えられるとは、なんたることかとお叱りを受けそうですが、そこはご了承を。。。

さて、今日は3回目の出動で、タイミング良く(?)昨晩から雪が降ったこともあり、除雪作業チーム、普段できないような場所の清掃チーム、お話チームと様々なニーズに合わせて、9人で出動しました。

b0188177_22504581.jpg
b0188177_2251814.jpg


今回このような「仕事づくり」をはじめたきっかけや初回の様子は下記のURLをご参照ください。

http://togetuso.exblog.jp/14893414/

3回目ともなると、ずっと一緒に動いていることなどから、冗談とかも言い合ったりしていい雰囲気の中で作業に行ってきました。

タカさんのブログのタイトルにもなっていますが、「やりながら創っていく」ということを僕自身が一つひとつ勉強しながら進んでいます。

「一日やってみて、こういう備品があると作業効率がいい」

「チラシにはこういう情報があったらいいよね」

などなど。。。

3月までは、実験的に様々なことをやってみて、その蓄積をもとに、4月からの事業開始できればなぁという構想(笑)に向けてあれやこれやと準備中です。

大事なのは冬月荘での実践に基づいているような「誰もがフラットである」ということのような気がしています。

それは例えば、高いところの電気の傘なんかを掃除する作業の担い手が、いつのまにか作業を依頼した人から掃除のコツを教わっていたりということです。

とってもうまい言葉が思いつきません(笑)

だれもが強みがあるし、必ず環境によって活かされるんだなって。。。

また、顔出しますww
[PR]
by togetuso | 2011-03-02 23:20

釧路発!地域のセーフティーネットづくりフォーラムのお知らせ

タカさんです。

おはようございます。(ってこちらは午後の10時半zzz)

以前も触れましたが、3月10日(木)にフォーラムがあります。

タイトルにもあるようにその名も「地域のセーフティネットづくりフォーラム」

これは「地域パーソナルサポートセンターえにぃ」を拠点として始めている「パーソナルサポートサービスモデル事業」について皆さんに広く知っていただくためのフォーラムです。

また、釧路市が取り組む「自立支援プログラム」についての報告もあり、地域のセーフティーネットについて考えます。

http://n-salon.org/(こちらをブラウザへ貼り付けてネットワークサロンのホームページから申し込みください。)

セーフティネットとは、社会保障(生活保護や年金など)をサーカスの空中ブランコの下に設けられる落下防止の網に例えたもので、今はそれが十分ではありません。

誰もが路頭に迷うことなく、安心して暮らせる地域にどうしたらなるのか?をみんなで考える機会です。

3月2日が締め切りですが、過ぎても申し込み可能です。

是非、一緒に釧路について考えましょう。 ふるってご参加ください!


今日は北アイルランドで困難を抱える若者をサポートするユースワーカーの実態や育成について聞いてきました。

国が変わっても意識しているところはおんなじ! 印象に残ったキーワードだけ挙げておきます。

「本気で向き合う」

「こうあるべきは小さい方がいい、若者本人がどうしたいか?を大きく」

「しなやかに関係を築く」

「そのひとの今を聴く能力」

特に最後の二つはとても印象的でした。
[PR]
by togetuso | 2011-03-02 07:58