Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

何気なく来るところ

こんにちわ、タカさんです。

今日は久々にスクラムに顔を出せました! 

今は地域起業創造センターまじくるのインターンシップに参加して休憩中です。

それにしても冬月荘は人、人、人! 50名くらいいたんじゃないかな。

久々に会えたスクラムOB、OG兼チューターもいました。

最近の報告もしてくれたり、車で送りながら語ったり、やっぱり冬月荘って楽しい場です。

いてもいい場所をみんなでPOPに作っている。

今日はNEWチューターのこまっちゃんも参加したので、タケちゃんも混ざり僕と3人の”オジサンチューター”で語りました(笑) 

なかなかこまっちゃんとは深い話になりました。

1期、2期、3期の数名の再会がなんとも嬉しかったです。

市役所の依頼で撮影も入っていて、ディレクターが「土曜日でこんなに集まるってすごいです!」「なんで来るんですかね? 楽しそうだし!」 とびっくりしていました。


そこまで理由がなくても何気なく来ちゃう場所なのです。 


中学生のひとりが「これが家族だったらいいのに」とつぶやいていました。 


勉強以外にひとりひとりの何気ない理由が冬月荘にはあるんです。そしてそれは日によって違います。

ぼくにとって今日は、みんなに会いに行って、笑い合う場でした。


しかしみんな笑顔だった! 


さて、もう少し語りたいのですが、休憩が終わったのでまた。
[PR]
by togetuso | 2010-11-27 15:10

つくってあそぼ。

 
こんばんは。
偽シェフです。
ついこの間ブログを更新したように思っていたら、
実は9日間も空いてというオチ。
更新する習慣って大事ですね。
 
 
何をするにも、続ける習慣があまりなく、
今まで奇跡的に続いたのは楽器くらいという
空きっぽい偽シェフですが、
最近密かに続いてるものがあります。
 

 
ギターもそうですが、それは教材作りです。
 
 
 
数学はおんじ、英語は10月からスタッフになったMEGさんが、黙々と教材をこしらえております。
 
なかなかうまい具合に分業ができている感じ。
 
というわけで、かつて理科と社会を塾で教えていた経験を生かしたかどうかは置いておいて、社会の教材を作っております。

 
これがなかなか難しい!
 
塾の講師をしていた時、一番頭を使ったのは板書案というもの。
(板書案=黒板に書く内容の案)
 
見直した時に、しっかりその日の授業の内容が理解できて、
さらに単元の要点も分かりやすく…

色使いも気を使ったりして、なかなかあーでもない、こーでもないとか、やっていて記憶があります。
(例えば、緑のチョークは色が栄えないから見づらいとか)
 
 
で、今。
 
 
レイアウトを考えたり、フォントを工夫したり、
あんまり真面目すぎるのもなんかなぁ…
ユーモアも大事だよなぁ…
ごちゃごちゃしてるのも何が重要かわかりにくいしなぁ…
自分で見てわかんないのは論外だよなぁ…
 
などと、あーでもない、こーでもないを繰り返しております。
 
絵を描くとか、動画を作るとか、デザインをする作業が好きなのかも。
端から見たら、どうでも良さそうな作業でも、
どうでもよさそうことにこだわる習性があるようです。
職人肌とかいうものでも、懲り性とかでもないし…。

 
でも、個人的にどうでもいいことに大事なことが潜んでいると思っているので、今後も試行錯誤をする予定。

というわけで。
完成品が出来たら、このブログにアップしてみるかもしれないし、しないかもしれません(笑)

 
さて、今日はこのへんで。
[PR]
by togetuso | 2010-11-25 00:20

ふしぎ発見

こんにちは。
久々パソコンで更新を試みています、偽シェフです。
先日、

「そろそろジェフにでも改名しろ!」

という旨の神のお告げのようなものを聞いた気がしますが、
グッとくる新しいあだ名が見つかるまで、
もう少し(性凝りなくとも言う)粘ってみようと思います。

去年の今時期でしょうか。

『シェフが二人いてややこしい』事件が発生し、
改名令が敢行され、シェフ→チェンに改名を試みました。

シェフ→サッカー選手、アンドリュー=シェフチェンコのシェフ
チェン→サッカー選手、アンドリュー=シェフチェンコのチェン

ということで、由来は全く一緒な上、全く浸透せず現在に至っております。
インパクトって重要ですよね。



さてさて。
先週から釧路町スクラムも始まり、
中学生に関わる日が増えてきました。

先々週末は釧路町での勉強会。
先週末は釧路市のスクラム。
釧路市のスクラムですが、前回のスクラムは
通常の1.5倍くらいの人数が冬月荘にやってきて、
そこかしこで賑やかな声が轟いていました。

↓証拠映像↓
b0188177_1631022.jpg


計算してみたところ、前回の参加人数は35人!
久々に来たOBだったり、新しく参加したメンバーだったりで
なんとも賑やかだったことに加えて、
体感温度もいつもより高めだった気がします。

毎回のスクラム後、
必ず参加したメンバー全員に、
1日の振り返りのアンケートをお願いしています。

前回のアンケートをパラリと読んでみると、
なかなか面白い?興味深い?発見がありました。



大人(チューター)と中学生の感じ方が真逆なのです。



どんな出来事でも、人によって見方が違うのは当然なのですが、
すっきり分かれるのは珍しい、かも。

色々な場面に対して、見方を変えれば、色んな発見があります。
アンケートを振り返ってみても、
文字から得られる情報でも、

「なるほど、そうなのか」

という発見があります。

「なるほど、そうなのか」

が個人的には大事で、
色んな視点を増やしていくことで、
自分の引き出しが増えるというか、
選択肢が増えていくような気がするのです。

しかも、結構日常のさりげない部分に、
なるほどポイントが散らばっている感じがします。

十人十色なんてよく言いますが、
同じような場面でも、状況だったり場所だったり、
色々な要因で同じ人が違う方法を採ることなんてこともあるし。

これからも、気付きを大事にしていきたいな、なんて。


最近、スクラムもだんだんメンバーが増えてきたので、
今後もこれまで通り試行錯誤しながら進んでいきたいとおもいます。


ついでに冬タイヤに交換しないと…
[PR]
by togetuso | 2010-11-15 17:08

無駄にならない無駄話

タカさんです。

明日は全道的に雪らしいです。ただし道東を除いては・・・。

ここ釧路は雪が少ないのです。 

今年はどうなんだろうな・・・。昨年くらいから冬月荘の住人とスタッフが雪かきをすすんで(嫌々?)してくれているので、大雪でも大丈夫ですが、2,3年前は本シェフと自分が雪かきをして、住人は終わったころに出てくることも多かったので、きつかったな(笑) 

特に今年からはスタッフには20代の偽シェフ、住人にはたっぷり10代がいるので安心です(笑)

たまーにしかやらないマサキなんかはやるとびっくりするくらい隅々きれいにやるのです。たまにね(笑)

さて、話は変わり、最近は何だか冬月荘のスタッフとは話がゆっくりできていません。

釧路町のスクラムもスタートしたので、その報告や住人の話題にはなるのですが、そればかり。

今週でも少しゆっくり話したいと思っています。

特におんじはじめ、冬月荘のスタッフは博学で、ゆっくり話していると話題は多岐に渡ります。そこから議論が始まるとバカ話にもなるのですが、なかなかお互いの思考回路に気づいたり、共感することができます。

比較的、決まったテーマで話をすると新しい気づきは少ない感じがしますが、かえって無駄話の中にアイディアがあったりするんです。

そう考えると、冬月荘に自分が勤めてから今まで、ひおPをはじめ、色んな人と語ってきたなと思うと同時に、中身は半分以上が無駄話でした(笑)

でも、真剣に無駄話をしているんです(笑) 

そこに「ポップ」の原点はあるのかもしれません。

「なるほど、面白い、そう考えるのか・・・。」

「それってなんでそう考えたの?もう少し言葉にしてみて」

「へー、なるほど・・・じゃ~これも面白いんじゃない?」

「あはは、それいいっすね!」


こんな調子です。

このポップな調子(リズムや雰囲気)の共感、共有がけっこうポイントです。

とにかく無駄話が楽しく、さらに何かが生まれることもあるのです。

感じたことを自分の言葉で表現するのはまるで言葉遊びの様です。

無駄話に手を抜かないといってもいいのかも!?

そんなことを通して、さらにお互いの思考回路が共有されていき、感性みたいなものも育ち合うのでしょう。


これからも色々な人たちとの普段の楽しい無駄話を無駄にせず活かしていきたいと思います。

あっ、今日は「ルーツ」について語ろうと思って日記開いたんだった。 忘れてた(笑) 

それはまた今度。
[PR]
by togetuso | 2010-11-14 19:59

大変!でも、たぁ~のしい!!

書類を片付けつつ、息抜きに日記を書いているタカさんです。

昨日、今日と晩秋の冷たい雨。 

偽シェフ(そろそろジェフにでもしろよ!笑)の日記にあったように釧路町のスクラムが始まり、いつの間にか冬月荘に関わるスタッフも4名となりました。 

偽シェフは全体的に、おんじとメグさんはスクラム中心に仕事をしています。

メグさんはまじくるのインターンシップでスクラムのチューターとして来てくれて、スクラム女子メンバーから歓迎される様子を見ていてそのままスタッフになってもらいました。メグさんは語学が抜群なので勉強でも即戦力ですが、中学生の横でいつも静かに勉強を見守ったり、話し相手になっているのが印象的です。

さらに相変わらずランチや給食をもくもくと作り続ける本シェフ。

僕と言ったら、たまに顔を出して住人と語ったり、スクラムメンバーと話したりするくらいで、普通に冬月荘で仕事しているときなどは住人やスクラムメンバーから「珍しいね!」「あっタカさんいた!」とか言われつ始末(笑)

スクラムもあまりに楽しそうで、たまに少し羨ましく感じます(笑)


先週6日に釧路町スクラムが始まったので、顔を出しておんじと立ち話しました。

おんじが「先週のウィークリースクラム(放課後のスクラム)なんか一気に増えて8人ですよ~!スタッフは3人でね・・・あーでこーで・・・。もぉ~大変! でもね・・・楽しい(たぁ~のしい)!!」と話してくれました。

そのおんじのツヤツヤした顔と言ったらありませんでした(笑) 目もランランとしているし。

以前、おんじが「生きてるって感じ」と語っていましたが、そのものの顔をしていました。

釧路町のスクラムでは元祖スクラムの高校生がチューターもしてくれていい感じ。

そうそう、今日はスクラム1期生DAIのお母さんと話すことができて、元気でやっているし、自分自身も元気になったと教えてくれました。

僕もDAIの存在で成長させてもらったと改めて思い出しました。また今度、顔を見に行くかな~!


関わったたくさんの人を幸せな気持ちにさせ、成長させるスクラムってやっぱり重要な意味をたくさん持っています。

今日はなんだか元気をもらった1日でした。
[PR]
by togetuso | 2010-11-09 21:46

ついに…

こんばんは。
偽シェフです。
 
気がついたらもう11月。
今年も残すところ、わずか2ヶ月となりました。
朝晩の冷え込みもますます厳しくなり、釧路は半分冬に突入しているんじゃなかろうかと思ってしまいます。



さてさて、土曜日の話。
冬月荘では毎年夏から、中学生の学者支援事業、通称スクラムが始まります。
 
それが今年は釧路町でも行うことになったのです。
釧路町の学者支援は、「スクラム」なんて愛称も今のところ無いですし、運営もスクラムとは多少異なる面もあったりしますが、それは気が向いたら、またの機会に。 
 
で。
土曜日の話に戻ります。
第1回の釧路町学習支援が、ついにスタートしたのです。
 
中学生たち5名に対しチューターが8名で、ちょっとチューターが多め。
初めから明るい子もいれば、緊張気味の子など様々。
(実はチューター側の方が緊張してたくらいにして)
 
スクラムとは違うと言いつつも、
メンバーとの対話の中で場を創っていくことは変わりません。
 
自己紹介に始まり、
どんなスケジュールでやってみる?
何の教科が苦手?
どれくらい勉強したい?
 
などなどのオリエンテーションを経て、勉強がスタートしました。
『数学と英語が苦手』
『理科の第1分野が苦手』
 
というのは、なかなか普遍性があるようで、9月頃から暖めてきていた自主教材が大活躍!!
(自主教材については近々触れてみようと思います)
 
初めは固かった場の雰囲気も、お昼ご飯を経たあたりから、だんだん暖まりだし、緊張気味の子に帰りは笑顔が見られたりして、今後どんな場になっていくかが楽しみです。
 
出来上がった形はどうあれ、
一人一人が伸び伸びと自分らしく、誰かがお客さんに固定化せず、参加している全員が楽しめるような場になったらいいな、と勝手に思ったりして。
 
 
よくよく今後の予定を考えてみたら、これまで以上に中学生との関わりが多くなりそう。
この効果で、若返りに成功…したらいいなと思う偽シェフでした。
[PR]
by togetuso | 2010-11-08 01:01