コミュニティハウス冬月荘ブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ケイコとマナブ

稚内に来ています、偽シェフです。
宗谷支庁での研修会に参加するそうで。
他人事っぽい文面になっているのは、
どこで何をするかを最近知ったため、今一つ実感がないのです。
これでいいのか…。


釧路から稚内まで移動距離にして、480キロほど。
9時間あまりのロングランでしたが、車の割り振りや昼食休憩、雑談などなどで体感時間は短めでした。
 
むしろ、稚内まで来たという事実に感動したりして。
道中、綺麗な紅葉を見て、
 
『層雲峡あたりだとたまらんだろうなあ』
 
なんて考えたり、故郷で道に迷って(迷わせて)みたり、と楽しいドライブでした。
長距離移動が好きな偽シェフですが、さすがに9時間をほぼ座ったまま過ごすと、しっかり疲れを感じます。
 
 
移動中、
 
『学び』 
 
について、プチ議論をする場面がありました。
 
誰もが、肩書きや役職を超えて、学びあう文化を作るにはどうしたらいいか?
 
という趣旨だったのですが、確かに肩書きや役職から離脱するのは難しいと思いますし、拘る方が楽だったりするのかもしれません。
 
最近僕が楽しいなぁと感じるチューター会議の風景を考えてみると、誰もが何者でもなく、その場に関わっている感じがするのです。
 
スクラムに参加して3日目くらいに感じた、
 
『自分の大したことことなさ』
 
が僕にとってはキーワードだったりするのです。
それまで、自分はなんてグレートなんだろう!!と思っていたわけではなく、安心して
 
『ああ、自分大したことないわ』
 
と認められる感覚です。
フレームを取り払うと言うか、フォーカスが色んな場所で定まっていると言うか…
 
僕は一時期、音楽をかじっていたのですが、

『聴く』

と、

『聴こえる』

の違いに近いものを感じます。
どこかのパートやフレーズを意識して聴こうとすると、他の大事な動きが聴こえなかったりするのですが、何となく耳を傾けると、今まで聴こえなかったフレーズが聴こえたりして、
 
『おおっ!!』

と感じることがあるのです。
見るともなく見る、聞くともなく聞く、というのが僕にとっての学びのヒントなのかも。
 
それに近付くキーワードが、
 
何者でもなくなる
自分の大したことなさを歓迎する 
なのかな、とふと考えつきました。
自分で考えたと言うよりは、スクラムメンバーやチューターたちに独りでに叩き込まれた感じ。
 


そう考えたら、自分も結構いい体験をしているのかも。
明日以降、しっかり学んでこようと思います。
[PR]
by togetuso | 2010-10-25 23:54

事件

こんばんは。
偽シェフです。


秋も日に日に終わりに近付いています。

「読書の秋」
「芸術の秋」
「食欲の秋」

などなど、様々に形容される季節ですが、本は読まない、芸術には縁遠い、グルメでもない…と四季を全く満喫していない今日この頃。

強いて言えば、今年の日本シリーズは、

中日ドラゴンズ×千葉ロッテマリーンズ

という組合せで、面白そうだな、と思っているくらいでしょうか。
何でも、今年の日本シリーズは、第1、2戦は地上波放送されないとか!!
野球好きの偽シェフとしては、残念な限りです。
一昨年の西武×巨人の日本シリーズは全試合地上波放送だったので、西武ファンの僕は毎試合、鼻息荒く応援していたのですが。


さてさて。
土曜日のスクラムのお話です。
前回は今期最少、中学生は5人のみ。
チューターはと言うと、17人。
(フラッと顔を出した高校生を足したら20人越え!!)

周りを大人たちがぐるりと囲んだ中、いつも通り勉強に取り組む4期生たち…
なかなかシュールな光景でした。

そんなこんなでチューター会議に突入したのですが…
ここである「事件」が起こります。
普段はあまりチューター会議に参加しようとしない1期生のKくん。
ふと、

「今日はチューターのアレ(チューター会議のこと)出るわ」

と一言。
何でも今日は、中学生に勉強を教えたと言うのです。
普段は3期メンバーとギターを弾いてたり、中学生とはしゃいでいたりと、なかなか良いキャラの持ち主として認知されているのですが、勉強は苦手な彼。

そんな彼が、勉強を教えた!!と言うのだから、その時点で場が湧きます。

そこから、言葉が出るわ出るわ。
話始めてから35分間はKくんの独壇場でした。
周りのチューターの合いの手もあっての35分間でしたが、その中では、

スクラム(≒居場所)観
サポート観

などなど彼なりの考えがどんどん語られていったのです。
最終的には、4期終了までに、

全員の勉強をサポートする!!

なんて爆弾発言も。
帰り際に、自分でハードルを挙げたと感じたのか、

「次休もうかな…」

と言ったりしてましたが(笑)



思うに、彼がチューター会議で語った言葉たちは、突然沸いて出たものではない気がします。

普段、語らないだけで、これまでスクラムに参加してきた中で練られてきたモノが、たまたま前回、口から湧き出てきた

そんな感じ。
9月に入って、なんとなくスクラムと言うより、チューター会議の雰囲気が変わってきたように思うのです。


一人ひとりが思った、感じたことを言って良い雰囲気と言うか何と言うか。
とにかく、プレッシャーを感じないのです。
もともと、

「教育理念」

とか

「運営方針」

みたいなお題目はほとんど無い場所ですが、輪をかけて、解き放たれている感じ。
だからと言って、無秩序なわけでは無いのだから、形容に困ってしまいます。

1つ「これは確かじゃないか」と思うことは、場作りに関わる人数が増えたこと。
少人数の誰かが主導権を握って、その場の雰囲気をリードしているのではなく、みんなで輪になって手綱を持っている感じ。

うまく表現できないのですが、結局『井戸端会議』が一番しっくりきます。


これからも、伝え易く、話し合い易い空間になったらいいなあ、と思った偽シェフでした。



それでは今日はこのへんで。
[PR]
by togetuso | 2010-10-25 02:03

まじくる

こんばんは。
偽シェフです。

暦の上では秋真っ只中、もうじき晩秋ですが、夕方の釧路の寒いこと寒いこと!!
冬がすぐそこ、てぐすね引いて待っている感じ。
このブログを閲覧していただいている皆さまは体調崩されてないでしょうか?


さてさて、月曜日の話です。
5月からオープンした

『地域企業創造センターまじくる』

で、

「まじくる研究会」

なるものが行われました。
その下ごしらえで、土日は輪転機と格闘し、手先の不器用さにげんなりし…
と夜なべをして、臨んだ月曜日。

全国各地から、北は北海道、南は沖縄まで。
60名余りの方々が釧路にいらっしゃいました。
全国各地で先進的な取り組みをされている団体の事業内容の発表があったり、
そのあとはダイアログカフェで、活発な議論が行われたり…

僕は撮影係だったので、ビデオとデジカメを持ってあっちをウロウロ、こっちでフラフラ。

議論にも是非参加してみたかったのですが、たぶん頭が熱暴走してたと思うので、撮影に終始したのはそれで良かったのかも(笑)


客観的に見ると、内容はさておき、議論されている参加者の表情がとても良い!!
口から泡を飛ばして、論戦を展開していた感じではなく、
テーブルの中央ですごいエネルギーが渦巻いている感じ。

興味深い、楽しい議論がまじくるの中でぎゅうぎゅうになったあちこちで展開されていて、

「いいなあ…」

と思ってしまいました(笑)
今後、こういう機会があれば是非参加したいものです。


そして昨日、火曜日。
まじくるのインターンシップの1コマで、先日のタカさんの記事にあった、大阪府は北芝からいらした5名の方々の特別講義?に潜伏しました。

地域を活発にするアイデアなど、北芝での活動内容も興味深かったのですが、
何よりスタッフの皆さんが活き活きしていたのが印象的でした。

偽シェフの乏しい想像力では判断できない苦労もあったとは思えど、楽しんで楽しんで楽しんで活動している感じ。

感受性が乏しいと好評を頂いている僕ですが、


「これは生で見に行きたい!!」


と思ってしまいました。


百聞は一見に如かずと言います。
スクラムもそうでしたが、やはり、自分で見て聞いて、考えて咀嚼して自分の言葉に翻訳して…
という作業が一番勉強になります。

たくさんの人に会って、色々な話を聞いて対話して…

というやり取りが、数字で表現できない価値があるように思いますし、数字で表現できない楽しさがあると思うのです。

単純に話をする楽しさもあるし、知的好奇心をそそる楽しさもあるし…

テレビゲームや、バラエティー番組とは違う楽しさがあるのです。
大学生の時に専攻していた音楽に近いものを感じます。


とにかく、人とまじくることの意味の強さを改めて考えた偽シェフでした。


では、また。
[PR]
by togetuso | 2010-10-20 00:54

キーワードその① 対話

タカさんです。

iphoneを復元しようと悪戦苦闘していたらこんな時間に・・・。画面固まるし、圏外で受信送信もできない(@o@) やっと多少良くなったかな。


さて、前回の偽シェフの日記にあったようにスクラムのチューター会議はとても有意義だったようです。

とくに高校生チューターのコメントが小気味よく、自然な対話が繰り広げられるのでしょう。

子どもも大人も越えた場なのです。でも確かに大人は子どもを気にかけ、子どもは大人を元気にしてお互いの場を保障しているのでしょう。 

今、僕がコーディネーターをしている地域起業創造センターまじくるという場所でも一日の終了後にスタッフ会議をしていますが、この冬月荘で学んだことがベースになっています。 まだまだ模索中です。

今度みんなと一緒にスクラムを体感しに来ようと考えています。


まじくるのスタッフは大人同士。長くあらゆる立場に立って仕事をしてきたのですから一般社会の文化が根づいているのです。 3年前の前職のころの自分を振り返ってもわかります。


雇われている感覚

任される

任せる

自分ごと

他人ごと


気づかないうちに自分の立ち位置から動けなくなることもしばしばです。

協働して場をいい方向に向けていくときにそれではなかなか先がないのです。

そこで「対話」です。 一方的ではもちろん対話とは言わず、聞く、話すが成立していることが前提ですが、そこには客観的に伝え合う文化が大切です。 

昨年のまじくるネットワークの普遍化でも「理解と共感」というキーワードがでてきました。

対話をとおしてじわじわ広がる理解と共感が今の冬月荘を作っているのですからまじくるでも可能です。

学んで確信したものと、まじくるのスタッフ、まじくるに集う人々でまたじわじわ広げていきたいと思います。

来週は今年度の普遍化事業の一環である「まじくる研究会」が行われます。

とにかく異分野が入り混じり、ダイアログカフェによって対話が繰り広げられるので楽しみです。

今日はこの辺で・・・。
[PR]
by togetuso | 2010-10-16 01:21

よくよく見たら…

こんばんは。
偽シェフです。

昨日のサッカー、日本×アルゼンチン戦。
ザッケローニ監督が就任してからの初の対外試合でしたが、
まさかまさか勝ってしまうとは!!

アルゼンチンがかなり気合の入ったメンバーだったので、
引き分けたら上出来かな…なんて思っていたら前半で挙げた1点をしっかり守りきっての勝利。
今後に期待したくなってしまいました(ミーハーですね)


さて、昨日は10月最初のスクラム。
夏なら始まった第4期スクラムも3ヶ月目に突入しました。
当然と言えば当然ですが、子どもの交流の幅や表情などなど色々な変化が見られるようになってきます。

昨日、チューター会議で話題になったのは今期スクラムで、これまではどちらかと言うと静かな印章が強かった子が、今までに無い明るい表情で1日を過ごしていたのです。

子どももそうですが、チューターにも変化が出てきます。

初めは、何とも言えないまったりしたスクラムの雰囲気に戸惑っていた人が、その人なりの関わり方を発見して、自主的にやる事を見つけて…といった感じで。


また、昨日一番の盛り上がりを見せたのはチューター会議!!
1時間半の会議でしたが、重苦しい雰囲気では無く、賑わいもあり、脱線も軌道修正もあり…

会議と言うにはまったりとしているし、雑談と言うには真面目な内容を話しているし…

久々に来たチューターの、久々に来たが故の気付きや、中学生と同年代ならではの気付きなど色々な人の色んな観点や、意見が自然に引き出されていたような印象。


個人的には、情報の交換と共有、意見交流や議論がしやすい雰囲気が出来てきているのかなあと感じました。

その雰囲気作りも高校生チューターが抜群の持ち味を発揮したり、それに加わる合いの手が絶妙だったり…と1人1人の味が生かされて出来上がっているように感じるのです。

チューター会議後に、あるチューターが、

「あれ(チューター会議)を色んな人に見てほしい」

と伝えてくれました。
なぜそう感じたかは、今度事情聴取(インタビューと読む)するとして、実は雑談のような、ゆるい、まったりしたやりとりの中に大事な要素がある気がします。
飲み会の談義と言うか何と言うか…

お互いに背筋を正して、肩肘張って…ではない空気や脈絡無く色々な話題が飛び出すので、普遍的な何かを見つけ出せるのかもしれないし…。

立場も肩書きも無い話し合いなので、お互いが思ったことを伝えやすいのかもしれないし…。


子どもたちの語るスクラムの楽しさに加えて、チューター会議も、掘り起こしたら何か見つかったりして。

そう言えば、昨日のスクラムではあるチューターの作った自主教材を見せていただきましたが、レイアウトが綺麗さにビックリしました!!
勝手に政策意欲を燃やす偽シェフでした。


それでは、今日はこのへんで。
[PR]
by togetuso | 2010-10-10 01:48

考える。

こんばんは。
偽シェフです。

いつの間にやら10月を迎えて、今年も残すところ90日弱。
ついこの間までは大学院生だったはずなのに…。
日に日に時間が加速しているような錯覚。

去年の今頃はと言うと、卒業に必要な単位も、卒業要件の講義も取り終えていました。
さらに部活も早めに(勝手に)引退させてもらっており、学校に行く必要が無かったのです。

それはもう毎日悠々と過ごしていました。
で、カレンダーを見て、気が付きます。



『論文提出まで3ヶ月しかない』



足に火どころか、下半身が燃え上がっているくらいの状況です。
春先は就活、夏はホームステイにスクラム。
さらに7月末にパソコンが臨終を迎え、データも吹っ飛んでいました。
要するに10月まで、ほぼ手つかずだったのです。

かつ、学部生時代は管楽器専攻だったので論文を書いたことすらありません。

頭に真っ白なスクリーンが表れて、教科書のような字体で、

『これはヤバい』

と浮かんだのが見えた気分でした。


幸いテーマは決まっていたので、そこからは火事場の何とやらか何かで無事に卒業を迎えて現在に至るわけですが。



長い前置きはさておき。
今日は北大生が卒業論文作成のための調査でやって来ました。
学習支援というキーワードから巡り巡って冬月荘に行き着いたそうです。

僕も元は教員志望ですし、興味のあるキーワードだったので


『学習支援ってどんなこと?』
『学習支援=点数を上げる?』
『何で学習支援が必要なの?』
『学習支援って子どもにだけ必要なの?』


などなど僕の中で疑問が浮かんできたりして、楽しく質問に回答させていただきました。

あくまで、僕個人の感覚ですが、
『○○=××』

みたいなイメージを考え直してみるのは大事だと感じます。
例えばそれが長い間通用してきたものだったりすると、見直すことで新しいヒントがある気がするのです。
見落としていたものが見つかったり、見えなかったものが見えるようになったり…

さらにそれを、自分にも他人にもわかるように言葉にしたりすることも、大事だと感じます。

そうすることが、考えることで見つかった手掛かりの姿や形が、よりハッキリすると思うのです。


日々の活動の中で感じた気付きを、より深く深く考えて、言葉にして、共有して、さらにそれを実践にフィードバックして…

という取り組みが今後大事になるかも、と今ふと感じました(笑)


スクラムで言うとメンバー1人1人の気付きの中に大事なヒントがあって、それの正体やポイントを話し合いの中で明らかにして、実践に生かしてみて…

というやりとりがより良いものを作る予感。
ただの予感ですが。


普段使わない頭を使ったので、今夜はぐっすり眠れそうです。
[PR]
by togetuso | 2010-10-05 02:31

普遍化からのつながり

タカさんです。

釧路もすっかり秋。 今日なんかはやっぱり肌寒いです。

数日前に仙台、横浜と出張に行きましたが、どこもその土地なりの秋模様でした。

昨年度から続いている「全国まじくるネットワーク」~コミュニティハウス普遍化事業は今年度も地味に?進んでいます。 

9月には大阪府箕面市の「NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝」に行きました。

ここは北海道ではあまり馴染のない、同和問題と言われる被差別部落の解放運動からまちづくりの活動へ40年間で形を変えながら、とても普遍的な活動をされているNPO法人です。

http://www.hcn.zaq.ne.jp/kurashi-net/

始まったきっかけは違えど、もっと底辺に流れる人権ということではとても共感でき、同時に考えさせられました。 

もっとも共感できたところは誰もが自然と活動につながれるようにカフェやライブなどを展開し、とてもPOPに伝え、地域とつながっているところです。 去年普遍化されたキーワードである「当事者性」「異文化の融合」「理解と共感」「楽しく」のどれもが当てはまる活動でした。 人材交流も含めて今後もつながりながらさらに普遍化を探っていけそうです。

一昨日は横浜へ行ってきました。 まずはよこはま若者サポートステーションを運営する「NPO法人ユースポート横濱」です。

http://www.youthport.jp/

横浜の就業支援や経済状況を色々聞くことができました。 特に就労訓練の受け入れ先を見つけることに苦戦しているということで、都会だろうが田舎だろうがどこの企業も余裕がないようです。

地域起業創造センターまじくるでも研修受け入れ先を探していますが、実地研修を簡単に受け入れるところは少ないのです。地道でもこれをきっかけに企業とつながることが大切です。

話は横浜に戻り、サポートステーションの後は寿支援者交流会というドヤ街の支援現場を実際に歩きながらお話を聞いてきました。

http://www.geocities.jp/kotobukisienshakouryuukai/

実は僕の父も東京のドヤ街に暮らしています。 父の生活を見るたびに色々考えるところもあったのですが、東京のその地区とは雰囲気が違いました。

街の全体の受容感というのでしょうか。 単純におやじも横浜で暮らすともっと幸せじゃないのかな・・・と感じました。 

寿支援者交流会の活動を聞いていても、やはり人権というところで自然な感覚に共感しました。

最近、共感したり、考えさせられる出会いが多くなった気もします。 


活動そのものももちろんですが、活動をしている方がどんな経緯で活動にかかわったか?ということに特に興味が湧きます。

日々の仕事を通して、たくさんの人と話す機会を持って感じることは、支援を受ける側も支援に携わる側も同じひとりの存在として、ここに至る過程の中にたくさん大切なことが隠されているのでは?ということです。

個人的にはそこも視点にこれからもたくさんの人から学んだり、気づきを得たいと思います。

最近の自分の中のキーワードは・・・

「対話」

「振り返り」

「伝え合う」

「個人のルーツ」

次回は少しこのキーワードについて書いてみようと思います。

普遍化の旅はまだこれからも続き、つながっていきます。

もう10月か・・・。
 

雪が降る前に一度は釣りに行きたいと思い、ついつい夜に釣り具店にルアーを物色しに行ったタカさんでした。
[PR]
by togetuso | 2010-10-03 18:11