Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

2016年 01月 07日 ( 1 )

モチベーションの話。

■ 冬休みのスクラムが始まって3日たちました。
  今のところ、何も無く1日1日が過ぎております。

■ 人数が少ないこともありますが、新しく参加した中学生のノリがいい!
  初対面から仲良さげにしているのは、あまり記憶にありません。

■ 最近、アニメや声優、マンガに興味のある女子が増えた感じがします。
  「最近の中学生」とひとくくりにしていいものではないかと思いますが。
  どちらかと言えば男子の方が目を向けるものだったような…。

■ 紅白にアニソン声優が出場する時代なので納得と言えば納得。

■ で、どんなもんかいな、と思い立って絶対にやることは無いと思っていたゲームに手を付けてみました。
  3ヵ月後にはダウンロードしたことすら忘れてる可能性が濃厚です。

■ 最近、勉強のサポートに対して、「苦手を克服する方式」は案外うまくいかないような気がしています。
  万人に当てはまるわけではないとは思いますが。
  ここでいう勉強は、テストの点数を伸ばすためにするものを指します。

■ なんとなく、の感覚なので言語化が難しいのですが、モチベーションの維持が難しい気がするのです。
  取り組むためのモチベーションも持ちづらいと思っています。
  成績を伸ばすための勉強が好きで、前向きな気持ちでやりたいと思える人はどれくらいいるのか。

■ 好きではなくてもやりなさい、だと、個人的には「義務を果たせ」と言っているのと変わらない気が…。
  仮に義務だとすると、何に対する、何の義務なんでしょうか。
  また、その義務を果たさせることにはどんな意味があるんでしょうか。
  仮に義務だとしたら、の話です。

■ 好きでもなんでもなく、やらされてる感が強いものに対してアプローチをするのだとしたら、難しいです。

■ 話が長くなりそうなので、間をバッサリ切ると、
  「得意なもの、好きなもの、取り組む上で、まだマシだと思えるもの」
  に時間を多く割いた方が、結果的に苦手なもののモチベーションにつながったりしないかしら、と。

■ なんとなくの感覚ですが、「苦手の克服」には自己否定的な側面がたくさんある気がします。
  個人的な感覚なので説明がさっぱりできませんが。

■ 勉強に限らずお手伝い的な場面が多々あるので、モチベーションについて考えることは有用な気がしています。
[PR]
by togetuso | 2016-01-07 19:51