Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

2011年 10月 15日 ( 1 )

コギト エルゴ スム。

こんばんは。偽です。
日ごと寒さが募る今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

このブログ、記事をカテゴリ分類できるようになっていたんですね。
カテゴリがどれくらい多岐に渡っているか未確認ですが、
今後も頑なに「未分類」で投稿し続けようと思います。


さて、今日は札幌へ行ってきました。一人で。
英気を養うとかそういう感じのジョイフルな目的ではありません。
今回の任務は、普段勝手に「町スクラム」と呼んでいる

『子どもの健全育成支援事業』

の中間報告です。一人で。

前回報告に向かったのが3月。
その時はタカさん氏と2人でしたが、今回は単独行動。
1月も「はじめてのおつかい」なシチュエーションがありましたが、
今回は報告+議論という難易度が高いおつかいです。

まず、わたくしGPS機能に不具合がありますので、
時間通りに目的地に着くかどうかが1つ目の不安。

2つ目は論旨に合った発言がなかなかできない不安。

冷や汗が出るか出ないかくらいの心持ちで向かったわけですが、
心優しい道庁の職員さんのサポートを頂きつつ、
務めを果たしたことにして現在に至っております。


で、報告会の内容。
ざっくり言うと今後に向けて色んな角度からのボールが飛び交った感じ。

はっきり言う必要が無いくらい無知な偽ですので、

「へぇ~」

と思うことが多々。
特にグッときたのは「居場所」に対するニーズ。

この事業、余市町と釧路町で実施されており、
余市町での実践報告の流れで知ったのですが、
学校の先生からも居場所に対するニーズがあるらしいのです。
(個人的に「あの先生かも」と思って聞いてました。)


で、今日の話で出てきた居場所というキーワード。

「なるほど!居場所か!」

と言っても、

「ちょい待て。居場所ってなんじゃいな?」

って感じで、キーワードを深化させていくのって、結構盛り上がりそうな予感がします。
ひょっとしたら面倒くさいかもしれませんが。


スクラムの中でも「居場所」というフレーズはよく出てきますし、
色んな場面で飛び出すフレーズです。
よく出てくる分、知らず知らずのうちに枠というか、
目的地を作ってしまっていたりして、

「こうあるべきだよね」
「こうじゃないとダメだよね」

と無意識にフローチャートに沿ってしまう怖れがある気がするのです。

ついでに生身の人間を相手にするので、
勝利の方程式や定石みたいなお決まりのパターンが
当てはまらないことの方がきっと多いはず。

その分、現在地を見直してみたり、色んな可能性を模索する意味でも
今日の話し合いのような「色んな人」が集まって、
情報交換したり意見交流をすることが大事だと勝手に思ったりします。

と、いうわけで明日はスクラムがありますので、
そろそろ口を慎んでおやすみます。


最近、やたら手の皮が剥けています。
なんじゃこりゃ。
[PR]
by togetuso | 2011-10-15 01:13