Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

2010年 10月 20日 ( 1 )

まじくる

こんばんは。
偽シェフです。

暦の上では秋真っ只中、もうじき晩秋ですが、夕方の釧路の寒いこと寒いこと!!
冬がすぐそこ、てぐすね引いて待っている感じ。
このブログを閲覧していただいている皆さまは体調崩されてないでしょうか?


さてさて、月曜日の話です。
5月からオープンした

『地域企業創造センターまじくる』

で、

「まじくる研究会」

なるものが行われました。
その下ごしらえで、土日は輪転機と格闘し、手先の不器用さにげんなりし…
と夜なべをして、臨んだ月曜日。

全国各地から、北は北海道、南は沖縄まで。
60名余りの方々が釧路にいらっしゃいました。
全国各地で先進的な取り組みをされている団体の事業内容の発表があったり、
そのあとはダイアログカフェで、活発な議論が行われたり…

僕は撮影係だったので、ビデオとデジカメを持ってあっちをウロウロ、こっちでフラフラ。

議論にも是非参加してみたかったのですが、たぶん頭が熱暴走してたと思うので、撮影に終始したのはそれで良かったのかも(笑)


客観的に見ると、内容はさておき、議論されている参加者の表情がとても良い!!
口から泡を飛ばして、論戦を展開していた感じではなく、
テーブルの中央ですごいエネルギーが渦巻いている感じ。

興味深い、楽しい議論がまじくるの中でぎゅうぎゅうになったあちこちで展開されていて、

「いいなあ…」

と思ってしまいました(笑)
今後、こういう機会があれば是非参加したいものです。


そして昨日、火曜日。
まじくるのインターンシップの1コマで、先日のタカさんの記事にあった、大阪府は北芝からいらした5名の方々の特別講義?に潜伏しました。

地域を活発にするアイデアなど、北芝での活動内容も興味深かったのですが、
何よりスタッフの皆さんが活き活きしていたのが印象的でした。

偽シェフの乏しい想像力では判断できない苦労もあったとは思えど、楽しんで楽しんで楽しんで活動している感じ。

感受性が乏しいと好評を頂いている僕ですが、


「これは生で見に行きたい!!」


と思ってしまいました。


百聞は一見に如かずと言います。
スクラムもそうでしたが、やはり、自分で見て聞いて、考えて咀嚼して自分の言葉に翻訳して…
という作業が一番勉強になります。

たくさんの人に会って、色々な話を聞いて対話して…

というやり取りが、数字で表現できない価値があるように思いますし、数字で表現できない楽しさがあると思うのです。

単純に話をする楽しさもあるし、知的好奇心をそそる楽しさもあるし…

テレビゲームや、バラエティー番組とは違う楽しさがあるのです。
大学生の時に専攻していた音楽に近いものを感じます。


とにかく、人とまじくることの意味の強さを改めて考えた偽シェフでした。


では、また。
[PR]
by togetuso | 2010-10-20 00:54