Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

2010年 07月 27日 ( 1 )

便乗しました。

こんにちは。
偽シェフです。

昨日は本シェフ氏が久々にブログを更新されたので、
その勢いに便乗して偽シェフもブログを更新しようと思います。

7月もあっという間に終盤。
来週からは8月です。
気が付いたら、1年の半分が終わっているんですね。


8月になったら、何があるかと言いますと

第4期Zっと!Scrum

が始まります。
と、いうわけで昨日は第4期スクラムに向けたチューター会議をしました。

今年は、現時点での申し込み人数は去年よりちょっと少なめ。
例年よりスペースにゆとりを持って…となるかというと話は違います。
なぜなら、スクラムは今年で4期なのです。

仮に毎回15人参加者がいたとして、

15人×3期=高校生チューター45人

これに加えて大学生以上のチューターを10人だとして、

45+10=55

さらに4期メンバーを加えると70近い数字が弾き出されます!!
これは大変です。
冬月荘が文字通り傾きます!!


…冗談はさておき。
これまでにスクラムの見学にいらした方や、歴代メンバー、チューターなどなどの
延べ人数を計算すると100人は軽く超えてしまう気がするのです。

100は言いすぎにしても、結構な人数の方がいらしてることは確か。

そう考えると、何やらスケールの大きなことをしている気になりそうになりますが、
1チューターの偽シェフからすると、全くそんな気なかったりして。

ごくごく稀に、チューターになったいきさつをお話したりしますと

『やる気があったんですね!!』

といった感じのリアクションをしていただける方がいたりするのですが、
当時を振り返りますと、やる気は全くございませんでした(笑)
『いかにしてサボるか』を真剣に考えていたくらいですから。

現在変わったところは、
『いかにしてサボるか』
を考えなくなったことでしょうか。


傍から見れば、きっと

『あの人誰だろう』
『あの人何してんだろう』

といった得体の知れない人にしか映らないと思いますし(笑)

でも、お互いに何者でもないのが重要なのかもと思うのです。
これを語ると、大変な分量になりそうな、そうでもないような予感がするので割愛しますが、
何者でもないことが、大事かなと割と本気で考えていたりします。
(来週は違うことを言ってるかもしれません)


と、いうわけで。
今年のスクラムが、どんな場になるか。
気になる方は、ぜひ冬月荘にお越しください!!

※70人が和室でぎゅうぎゅうになってる様子もちょっと見てみたいと思う偽シェフでした。
[PR]
by togetuso | 2010-07-27 12:31