Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

7期スクラム終了、の巻。

偽です。

3月も末にさしかかって、日中あたり、だんだん暖かくなってきた感じがします。
気温的な意味で、徐々に春っぽくなってきたのではないかな、と。


さて、先日7期スクラムの打ち上げをしました。
平日開催だったので、高校生はほとんど参加できず。
その分かどうかはわかりませんが、

○今年高校を卒業したOB
○小学校を卒業した木曜スクラムのメンバー

など中3に限らず卒業したメンバーが顔を出してくれまして。
総勢で25名くらいいたんじゃないかと思います。


というわけで、写真をどうぞ。
アンケート中。
b0188177_1254077.jpg



昼食。
今年は中学生たちの希望によりお好み焼きにしました。
b0188177_12572899.jpg



ライブ中。
例年とはメンバーが若干違います。
b0188177_1312738.jpg



今年は大学生チューターも卒業するということで、サプライズで寄せ書きを贈呈したりして。
最後に全員で記念写真を撮って解散。

迎りの車内で中学生が「 全然終わった感じがしない 」と一言。
個人的にも、そうですよね、と。

卒業生もちらほら顔を出してくれてるし、今後も来てね!っていうところなので感慨深さとかが無いのか。


写真にもアンケートの様子を載せてますが、中学生に色々と聞き取りをしまして。
スクラムの良いところってどんなとこ、と聞くと

勉強できて、それ以外のこともできる

との回答。

じゃあ、これが無いとスクラムじゃないってポイントは?と聞くと

…勉強?

と。それ全部学校でもできるじゃん、と聞くと、学校とは雰囲気が違う、とのこと。
空気が変わるとスクラムじゃなくなるのだとしたら、雰囲気についてもう少し聞けば良かったかも。


今年はチューターにもアンケートを取りまして。
課題だと思うところ等挙げてもらったんですが、以前から話題に上っていたことが多い感じで。
あんまり同じ話題が続くと、正直うんざりするっていうのは自然なことかと思います。
ただ、その分根が深いというか考える必要性が高いのでしょうし。

人によって思うところは違って当然だと思いますし、同じにしましょうね、というのも無理な話ですし。

理解する努力、理解してもらう工夫に加えて、どれだけ納得できるかっていうのがカギな気がしております。

伝え方とかを工夫すれば大丈夫ってものでもないし、心がけだけで何とかなるものでもないし。
納得できないならじゃあ結構ですさようなら、とするのも方法の一つでしょうけど、気軽に切るカードではない気がしますし。


話が脱線してきましたので、この辺で。
[PR]
by togetuso | 2014-03-20 14:58