Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

スーラ。

こんばんは。偽です。

ブログの内容には1ミリも関係ない話ですが、
昨日のブログのタイトルが「必殺技」でしたので。
以下、落書きですので、

「お前の落書きなんぞに興味はない」

という方は、どうぞ画面をスクロールして下さい。


―――――――(ここから落書き)-------

わたくしドラゴンボールというマンガが大好きでして。
ドラゴンボールに限らず、ああいうマンガに登場するキャラは、
みんなだいたい必殺技を持っています。

で、みんな必殺技には名前がついてるんですよね。
例を挙げますと、

かめはめ波(孫悟空)
魔貫光殺法(ピッコロ)
ファイナルフラッシュ(ベジータ)

みたいな感じで。しかも必ず技の名前を言ってから繰り出します。
野球で言うと、


「今からカーブ投げるね!」
「次スライダーだから!」


と宣言してから投げてる感じ。
スポーツマンシップに則っています。

しかもクールで全然素直じゃなくいベジータが、自分で

「あ、ファイナルフラッシュでいこう。かっこいいじゃん、これ」

みたいなことを考えていたとか想像するとニヤリとしますが、
想像している自分は端から見ると真っ当に残念だと思います。

―――――――(ここまで落書き)-------


さて、本題に移ります。

例えば自分が野球のコーチだったとして。


「肩が痛くて悩んでる人がいるんです。
 筋トレ不足だと思うんですけど、見てもらえませんか?」


みたいな話があったとします。
で、どれどれ失礼します、て具合で様子を見たとします。
診断の結果、


『確かに肩は痛そうだけど、あなた、足痛いのかばって投げてるでしょ。
 まずは足の怪我を治すのを第一にして、一緒に肩の治療も考えましょうね。』


みたいなことってあると思うんですよね。



でも、そういう状況で

『肩痛いんだったら、肩に問題があるに違いない』
『あなた、筋肉弱いから痛くなるんですよ。筋トレ大事』
『練習に取り組む姿勢が悪いからだ』
『痛さを乗り越えるのも練習です』

みたいな対処をしてしまうことって、結構あるんじゃないかな、とふと思いました。
歯槽膿漏の患者さんに、全力で虫歯の治療法を試しまくるような感じ。


ちょっと距離をとって全体像を見てみるというか、
わかりきってそうなことをわからなくなってみる、というか。



自分で読んで意味が良くわからないのですが、これが限界です。要鍛錬。
「最小人数で最大効果」みたいな文章に憧れます。
ついでに最小人数、最大効果でピンとくるのは危険物処理班です。
[PR]
by togetuso | 2011-10-24 23:57