Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

12連戦。

こんばんは偽です。こんばんは。

ここ数日は空気が生温く、
窓を開けるとムワッとした空気が入ってきて、
ちょうど良く寝苦しい日が続いております。

で。
第5期スクラム夏の陣が無事に終了。
毎年聞いている続けますかどうですかの質問、
全会一致で冬まで続けていくことが決まりました。

今年は感想文っぽいものを書いてもらったのですが、
ざざざーっと目を通して見ると

「おおお…」

と右手をグッと握ろうかどうしようかというのがチラホラ。
そういうのを見ると、

『やってて良かったね!』

という気分になりますが、
『よく頑張ったのが認められて敢闘賞もらいました』
ってニュアンスのモノではなくて、
中学生から大人までひっくるめて、
色んな人がそれぞれに過ごした結果が、

『楽しかった!』

につながったと解釈しています。勝手に。


チューターが、頭をぐるぐるさせて考えてることを
中学生同士でさらりと事もなくこなしたり、
高校生たちが無意識にやってのけたり、
実はというかなんというか、

「中学生だから」「高校生だから」

でくくるにはもったいない能力を、
いわゆる「子どもたち」は持っていたりします。
もちろんできないこともたくさんありますが。

その辺のところを、改めて感じた5期スクラム。
偽は感受性が乏しいので、
日常のグッとくるポイントとか話題になるネタを
平気で不法投棄する習性がありますし、
ごくごく希にグッときても「わかりやいにほんご」にできません。

できませんが、今回のスクラムでは

武器を持たないで勝負するのは大事かもしれない
大人と子どもの区別は難しいかもしれない
自分は想像以上に頭が悪い

と個人的に感じました。


で、今日からは釧路町スクラム。
若いエキスを吸収して延命を図ってきます。


甲子園に出場している高校球児が、
なぜかみんな年上に見えてしまう偽でした。
[PR]
by togetuso | 2011-08-08 01:13