Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

先がある?ない?

タカさんです。

今日は札幌で仕事をして帰ってきました。

この一年半関わらせてもらった「地域貢献活動支援事」の最終日だったのです。

僕自身、道内で活動するNPOなど様々なひとに出会うことができたとても意味のある仕事でもありました。

場づくり師ひおPとコラボで仕事することも多かったので、今日は振り返りのためにも語りました。

そこで改めて感じたのは、NPOなど市民活動などに触れ合う時、いつも僕自身の中で意識しているポイントがあるのです。

以前にも書いたかもしれませんが、「先があるか?」ということです。

世の中には”想い”が先行してそのまま突っ走ったり、これはこうあるべきだ!と考えて進んだり・・・そういった団体も多いように思います。

団体と言うより人・・・かもしれません。


ある市民活動や事業に何らかの形で参画することで、たくさんのひとが気づきを得たり、元気になったり、役に立ったりすることが大切なんだと思います。

地域の課題をいろんなひとで考え、それをいろんな人が担い手になって解決する。 

そこからまたつながりができて、広がって、また新しい活動や事業が生まれる。

そんな連鎖が地域を元気にしていくんだろうと思います。

「自分ごとの連鎖」というのかなぁ。

これは先がある!と思うんです。


逆に・・・例えば

 
・異分野とは交わらない。狭い分野にこだわる。

・影響力があるリーダーが居座る。

・~あるべき、~のはずだ!に縛られている。

・主張する、責める。

などなどこんな人や発言を見聞きすると「先がない感じがする・・・」と思うんです。


もう眠たいのでうまく表現できないし、今日は寝ることにしますが、この辺はまたちゃんと整理して表現したいです。


今、キーボードに指を乗せたまま寝てしまった・・・。

ddddddddddddddddって打たさってました(笑)
[PR]
by togetuso | 2011-03-26 01:31