Zっと!Scrumブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

こんな私にオレがした。

夜分失礼します。偽です。
最近、大変にありがたいことに

『ブログ楽しみにしてます』

という見に余るような言葉を頂戴することが何度かありました。
(もちろん枕詞に「最近更新してないね」がつきます。)
加えて、僕が書いたブログが楽しいだなんて言っていただいて。
それはもう、嬉しいんですが

「それ、僕じゃないと思いますよ」

と素直に喜べず、無かったことにしたくなったりしてしまいます。
そう言えば、このことについて以前ダメ出しをされた気がする…。


この話は置いておいて、4期スクラムが無事に終了しました。
あんまりブログを更新しないもんだから、
業を煮やしたかもしれないタカさんに打ち上げの様子を
先に書かれてしまいました。反省。


で、話は10年前。

一応僕にも中学校3年生だった時期があり、
『10年後の私』みたいなモノを書かされました。
その時の僕は今以上にのんべんだらりと過ごしていたので、

『とりあえず札幌あたりで職に就いて、とりあえず吹奏楽を続けとく』

と書いたのを覚えています。

そこから10年後がまさに今。
まず札幌あたりにいないし、吹奏楽も続けていません。
大学卒業後は釧路から離れる予定が、
しっかり釧路に居座っていますし、
絶対にやりたくなかったであろう部類の仕事をしています。

4期生のメンバーは今まさに15歳。

「これから、どんな風になるんだろう」と、
打ち上げの時になんとなく考えました。
特に、「心配だ」とか「ご多幸をお祈りします」とかいう話でなく、
単純にそう思っただけなのです。


で、自分に視線を戻したら
目の前に起きることに向き合うしかないよな、
というところにぶつかります。

例えば、サボりたくて仕方ないけど
断るのも失礼かと思ってボランティアに行くことにしてみたり。
嫌々毎日来ていたら、何か良いな…コレ…と不覚にも思ったり。

目先のことをとりあえずやれるだけやることが、
実は半径がどんどん広がって大きくなるのかも、とふと思いつきました。

そろそろ終着点があやふやになりそうですが、
突然大きいことはできないので、
とりあえず自分の間近にあることをしっかりやっていかなきゃな、
と思った偽物でした。

今日の日記、2割増しで怪文書。
ちなみに出発点は、

震災の支援で自分も何かしたいと思って悶々としたけど、
自分のことも人並みにできてない自分が、
やらないといけないことを二の次にするのは何か違うような気がする…

というところでした。
原型が見事に消えてしまいました。
文章能力とかの問題じゃない気がします。
[PR]
by togetuso | 2011-03-23 03:16