コミュニティハウス冬月荘ブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

大変!でも、たぁ~のしい!!

書類を片付けつつ、息抜きに日記を書いているタカさんです。

昨日、今日と晩秋の冷たい雨。 

偽シェフ(そろそろジェフにでもしろよ!笑)の日記にあったように釧路町のスクラムが始まり、いつの間にか冬月荘に関わるスタッフも4名となりました。 

偽シェフは全体的に、おんじとメグさんはスクラム中心に仕事をしています。

メグさんはまじくるのインターンシップでスクラムのチューターとして来てくれて、スクラム女子メンバーから歓迎される様子を見ていてそのままスタッフになってもらいました。メグさんは語学が抜群なので勉強でも即戦力ですが、中学生の横でいつも静かに勉強を見守ったり、話し相手になっているのが印象的です。

さらに相変わらずランチや給食をもくもくと作り続ける本シェフ。

僕と言ったら、たまに顔を出して住人と語ったり、スクラムメンバーと話したりするくらいで、普通に冬月荘で仕事しているときなどは住人やスクラムメンバーから「珍しいね!」「あっタカさんいた!」とか言われつ始末(笑)

スクラムもあまりに楽しそうで、たまに少し羨ましく感じます(笑)


先週6日に釧路町スクラムが始まったので、顔を出しておんじと立ち話しました。

おんじが「先週のウィークリースクラム(放課後のスクラム)なんか一気に増えて8人ですよ~!スタッフは3人でね・・・あーでこーで・・・。もぉ~大変! でもね・・・楽しい(たぁ~のしい)!!」と話してくれました。

そのおんじのツヤツヤした顔と言ったらありませんでした(笑) 目もランランとしているし。

以前、おんじが「生きてるって感じ」と語っていましたが、そのものの顔をしていました。

釧路町のスクラムでは元祖スクラムの高校生がチューターもしてくれていい感じ。

そうそう、今日はスクラム1期生DAIのお母さんと話すことができて、元気でやっているし、自分自身も元気になったと教えてくれました。

僕もDAIの存在で成長させてもらったと改めて思い出しました。また今度、顔を見に行くかな~!


関わったたくさんの人を幸せな気持ちにさせ、成長させるスクラムってやっぱり重要な意味をたくさん持っています。

今日はなんだか元気をもらった1日でした。
[PR]
by togetuso | 2010-11-09 21:46