コミュニティハウス冬月荘ブログ

togetuso.exblog.jp
ブログトップ

第3期Zっと!Scrumスタート!

久しぶりの更新となりました。この間、仕事の都合で冬月荘にあまりいることがなかったので、今日は久々に様子を報告できるのです。

さて、なんと言っても今日は第3期スクラム(みんなで高校行こう会)の初日でした。

もう早いもので三度目の中学3年生との初対面です。

今回、少し違うのは去年の冬からチューターとして関わってすっかりスクラムの虜になった大学院生が中心となり、チューター会議を積み重ねてきた他のメンバーが支える形で運営している点です。

第1期からのチューターはすっかり慣れたのか余裕の雰囲気・・・でも内心どうなるのか・・・?といった感じですが僕は他の仕事をしつつ、様子を見ていました。

今日のメンツを紹介しましょう・・・。

中学3年生・・・18人

第1期チューター(高校2年生)・・・7人

第2期チューター(高校1年生)・・・8人

大学生チューター・・・3人

おじさんチューター(もちろん僕も入ってます)・・・5人

少し顔出したチューターも含めて総勢41名~(笑)

用意したランチもぎりぎりでした。

午前中は冬月荘の数少ないルールである、ネームに自分が呼ばれたい名前を書き込み、自己紹介から始まりました。

不安そうに、そして中には照れながらの自己紹介です。

その後はどのように勉強するのかを話し合いました。

スクラムではチューターが勝手に決めて進めるのではなく、プログラム等は中学生と話し合いながら決めていきます。 参加機会や決定機会を大切にしています。

こんな雰囲気です。
b0188177_19223252.jpg
 

特にこの時期は夏休みということもあり、勉強と遊びたい気分半々です。

そんな中学生の反応の薄さや読み切れない態度にチューターも試され翻弄されるのが初日なんです。

特に午後からは去年の元気のいい第2期スクラムの女子たちがやってきて一気に賑やかに(笑)

いい感じの混ざり合い加減。本当にみんな元気で何よりです。

こうやって1期~3期がそろうと時が経つ早さと元気に集ってくる嬉しさを実感します。

そうそう今回は1期に参加したサヤカの弟が3期メンバーとして参加!
兄弟が仲良くて、写りたがりなので、紹介します(笑) ピースをしている2人です。
b0188177_19342419.jpg


同じパターンの兄弟がもう1組いたり、ウィークリースクラムからのメンツも3人いて、終わるころにはいつものスクラム初日よりはそれぞれが打ち解けていました。

積み重ねることで子どもや大人の力が循環してこの雰囲気を作っているのだと実感します

終了後は恒例のチューター会議です。
b0188177_19471799.jpg


今日、実は一番印象深いシーンがこのチューター会議です。

特に1期、2期の高校生チューターの意見が本当に貴重でした。

それは初日の気持ちです。

特に初日は人見知りだったり、不安だったり、話すことが苦手で自分の気持ちを口にできない中学生も多いので、チューターはみんながどう思ったのか気になるのです。

そこで今日来ていた第2期のチューターが去年を振り返り、いろいろ話してくれました。

「初日はちょっと来て失敗したなーって思った。」「なんか怖かった・・・。」など僕たちにはわからない生の声を伝えてくれました。

同時に今日の中学生の様子聞くと「あの子は本当は話したいのかも!」とか「この子とこの子を一緒に勉強したら話ができるようになるかも!」なんて言葉がどんどん出てきます。 

同じ経験をした高校生がチューターとして中学生のことを真剣に考えて話し合う場面を目にして、改めてそれを大人が邪魔することなく、場の受け皿となって子どもの力が循環し役立っていくのは本当に大切だと思いました。

僕はそんな第2期生に去年初日のチューター会議の会議録を初めて読んで聞かせました。(ある意味、種明かしですね)

2008年8月5日

「どう接していいかわからない。」

「空気が重くて難しかった。」



去年の今頃こんな話し合いをしてたんだー。 2期チューターも笑いながらも何か感じたんでしょうか・・。

もともと明日はバイトがあって来れないと言っていた2期チューターの子が「私、明日も来るし、毎日来る!」と言い出しました。

「めっちゃ楽しくなってきた!」

今年も高校生チューターにすっかり助けられるスクラム。

こうやって自然にどんな形でもそれぞれの存在が役立ち合って第3期のスクラムも「3期生らしいスクラム」となっていくでしょう。

さて明日はどうなることやら(笑)
[PR]
by togetuso | 2009-08-03 20:29